仕事

基本にもどってマスクより手洗いの徹底を!【重要】

介護職員はコロナリスクが高い職場にいる。

厚生労働省が出したコロナウィルス集団発生

を防止するための「3つの密」ですが・・。

000610429

これ介護保険の通所介護(通所リハビリ)施設に

完全に当てはまるんですよね。

①なんて窓開けたら「寒い!風邪ひく!」の大合唱。

②も市町村のありとあらゆる場所から人が集まり、

1つのテーブルに最低4人はいます。

③はお互い耳遠いので、自然と顔を近づけて

大声でつば飛ばしてますから。

ケアマネが布マスクを配布して歩くけど・・

厚生労働省は施設勤務の職員および、利用者に

対して布マスクの配布を決定しました。

vol789

ケアマネがヘルパー、通所サービスを利用する

高齢者の自宅を訪問し、マスクを配布します。

ただ、使い捨てマスクと勘違いして1回使って

捨てられないかと今からヒヤヒヤしています。

そもそもマスクはウィルスを防げない

日本医事新報社のHPに抗インフルエンザウィルス薬

(アビガン)を開発した白木公康医師のレポートが

あります。→こちらから

まとめると以下の通り

・マスクは吸気の湿度を保ち、気道粘膜の乾燥防止

繊毛運動の保持には有用(ウィルスを防止するわけ

ではない)

・コロナウイルスの感染様式は,物を介する感染と

飛沫感染が考えられる。

物を介する感染とはウィルスがついた手で触れた物

(ドアノブなど)を他の人が触って、その手が顔を

触って体内にウィルスが侵入し感染する事。

飛沫感染はセキやくしゃみでウィルスが飛び、粘膜に

くっついて感染する事。

マスクはウィルスがついた手で顔を触るリスクを

軽減できる。

取り扱いが悪ければ買い占めたマスクも意味なし。

全国マスク工業会や厚労省、経済産業省が連名で

情報を発信しています。

mask

上記のレポートにもあるように、コロナウィルス肺炎は

物を介した感染や飛沫感染で発症する可能性があり、

健康な人がマスクをしていても取り扱いが悪ければ

感染の危険がある、という事です。

おわりに

最大の予防効果があるのは手洗い、うがいなどの

基本的なことでしょう。ただ、世の中の空気は

「マスクしてないなんて非常識!」なんですよね。

自分は口さえ覆えればバラグラバやバンダナでも

いいと思っています。

発症していない高齢者や介護従事者に行うべきは

マスク配布と平行した手洗いの徹底的な指導です。

医療従事者には潜在的感染者と交わる危険が

高いので、ガスマスクみたいな専用のマスクを

支給で。

ありがとうございました!

-仕事
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5