ロードバイクのある生活

ディスクロードに乗って1年経ったから注意事項をまとめ【3つ+1】

リムブレーキのロードバイクからの乗り

換えや新規でディスクロードバイクを

購入しようとしている方に1年間ディスク

ロードバイクに乗った経験から注意点を

お知らせします。

注意点① ブレーキの調整が面倒というか素人では無理

リムブレーキはブレーキレバーを握ると

ワイヤーが引かれてブレーキがホイール

のブレーキゾーンを両側から挟み込んで

減速する作りです。ワイヤーが伸びたり

するとブレーキタッチが変わるため、

ワイヤーを張りなおしたりして簡単に

調整が可能です。

ディスクブレーキは油圧の力で動く

パッドで金属製のブレーキローター

を挟み込みブレーキをかけます。

自動車と作りは大体同じですね。

ブレーキをかけた時の摩擦熱が

こもりにくいため、リムブレーキ

より止まりますし、雨で濡れても

制動力は落ちません。

ただし短所としてメンテナンスが

かなり面倒です。シマノの販売店

マニュアルではブレーキオイルの

交換のページが7ページもあります。

ブレーキローターも金属製で間違って

オイルがついてしまうと全く利かなく

なる等、命にもかかわるので、信頼

できるショップに任せたほうがいいで

しょう。

注意点②リアブレーキ取り付けネジが錆びやすい

ちょっと見づらいですが、2本のネジの

うち、上は白く変色、下は赤錆びがでて

います。このバイクは購入して1年、

雨の中を走る事は2~3回しかありません

でしたが、この状態です。外してネジの

洗浄やグリスアップをこまめに行う必要

があります。また交換する場合ですが、

このネジの大きさは1種類ではなく、

フレームの厚さに応じて7種類あるため

交換時は長さを測り忘れないように

しましょう。フロントブレーキのネジ

はここまで錆びることはありません。

注意点③ホイールを外した時にブレーキレバーを握るとホイールが入らなくなる

ディスクブレーキは油圧でローターを

挟み込むパッドを動かします。パッドが

摩耗して隙間が大きくなるとブレーキ

レバーを握った時に隙間を自動的に

調整してくれます。これをローターが

ない(ホイールを外した時)にやると

当たる部分がないパッドがどんどん前に

出てきてしまい戻らなくなってしまい

ます。そうなるとローターが入る隙間

もなくなり、最悪ホイールが入らなく

なる可能性があります。その時は

タイヤレバーなどでパッドを押すと

戻ります。ただしあくまで応急処置

なので、専門のプロに調整を依頼する

のがいいです。

(Venge限定)フレームサイズ49ではドリンクボトルの大きさが限定される。

これからスペシャラライズドのVengeを

購入しようとしている人への注意です。

HPにあるVengeの写真です。多分サイズは

54~だと思います。

ダウンチューブ(ロゴが入っているところ)

にボトルケージを固定するネジが3つある

のが確認できます。しかしフレームサイズ

49の場合、この穴は2つしかありません。

それ以外にボトルを入れようとすると

長さ19cm(エリートの550mlボトル)

以上のボトルはトップチューブ内側

に吸い口が当たり取り出せません。

(横から取り出すボトルケージで

あれば可能)。シートチューブの

ボトルケージも同様です。

終わりに

自分の購入したバイクが持っていた

ボトルが入らなかったのが痛かった

です。試乗の時はボトルの取り付け

などしませんから・・。

気になる方はボトルの取り付け位置

などもショップのスタッフに確認

すると余計な出費を抑える事が

できますよ!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5