ロードバイクのある生活

【ロードバイク】緊急事態宣言下でも大会を開催するのを応援しよう【感染予防対策】

11都道府県に出ている緊急事態宣言の

延長が検討されているとの事ですが

なし崩し的にどんどん延長されていく

可能性もあります。

結局は自分の身を守るのは自分。

000634132

コロナウイルスの感染経路は接触感染と

飛沫感染なので、とにかく手を洗う事を

心がけましょう。1人で走りに行ったとき

でも、休憩中のコンビニでは必ず手を

洗ってから何か口にする、帰宅した後も

グローブをしていたとしても、しっかり

流水と石鹸でしっかり手首まで洗うのが

正解です。マスクを携帯する事も忘れ

ないようにしましょう。

消毒液は肌に合う合わないがありますし

それだけだと菌を落としきれないので、

手洗いが確実です。

ただの風邪でも周りは疑いの目で見るご時世

また、体調を維持する事も大事です。

ローラーで追い込み過ぎによる疲労の

蓄積や、寝不足、無理なダイエットは

体の免疫機能を低下させます。コロナ

にならなくても、寒く乾燥した冬季は

風邪やインフルエンザ、溶連菌感染症、

ノロウイルスなど、発熱を伴う感染症

に罹る可能性もあります。今のご時世

熱が出ただけで「コロナじゃね?」と

疑いの目で見られ、PCR検査で陰性に

なったとしても、ずっと尾を引きます。

緊急事態宣言が長引けば、イベントや大会中止もありうる

(大会HPより転載)

そんな中でも感染症対策を行って今年は

全国の坂バカに挑戦の機会を、目的を

持ってほしい、との意向で開催を決定

した大会もあります。運営スタッフには

頭が下がる思いです。例年に比べ参加人数

も少なくなるでしょうが、現地に来られない

選手に対応する、Zwiftを利用したバーチャル

ヒルクライムを3月から開催するなど、坂バカ

を喜ばせる対応も行う予定との事です。

我々ができる事は、大会を開催しても

大丈夫なんだ、と世の中の人が思える

よう、感染者を増やさない(自分が感染しない)

感染予防の徹底です。

おわりに

このところはワクチンの話題が沸騰して

いますが、インフルエンザのワクチンを

打っても罹る時もあるように、正直

効果には疑問符です。せいぜい県外移動

するなら打っとこう位の期待度です。

もし会社が県外移動解禁条件にワクチン

接種を言ってきたら速攻打って県外の

お店巡りします。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5