ロードバイクのある生活

【ロードバイク】2022年シーズンをこれからに控えている人に気を付けてほしい事【主に雪が降る地域】

長い冬が終わり、そろそろ実走開始と思って

いる方々、ここは注意が必要というポイントを

振り返っていきます。

路側帯のゴミ、砂利に注意。山間部はアスファルトの穴も

今年は首都圏も雪が降るほど寒い冬で、

除雪車が走った場所も多いかと思います。

そんな道路の路側帯にはゴミや砂利が堆積

しています。これは、除雪車が雪と一緒に

それらを脇に押していくからです。

ゴミの中には尖った釘やネジ、小石も

混じっており、普段よりパンクリスクが

高くなります。除雪車が頻繁に走るような

山道になると、除雪車のブレードが路面の

アスファルトを削って穴が開いていたり

破片が浮いている箇所が多くなります。

カーブの出入り口などは特に注意が必要

です。

スペアチューブの劣化に注意

スペアチューブをサドルバッグに入れる

時にラップに包んで保護している方は、

一度取り出してみる事をお勧めします。

ラップが劣化してボロボロになっている

事があり、そうなるとサドルバッグの

中も汚れますし、保護の意味がなくなって

しまいます。チューブも長く使わないで

いるとバルブ根本が劣化してしまうので、

ローテーションして使いましょう。

補給食の賞味期限チェック

前シーズンに残した補給食の賞味期限の

チェックをしましょう。賞味期限が切れた

補給食は食べずに処分したほうがいいです。

本番でおなか壊して大惨事になるよりは

マシです。

ボルト類のサビチェック、増し締め

家の中でのローラー練習が長いと、

ボルト周りのサビが気になります。

実走前に一度洗車と駆動部に注油して

ボルトのネジ部分のグリスアップを

しておきましょう。

万が一固着していた場合は無理に

回そうとせず、ショップに依頼した

方がいいです。ボルト穴をナメて

しまったり、最悪ボルトをねじ切って

しまうと最悪です。

おわりに

2022年シーズンも無事故で過ごしたいと

思っています。何事も最初が肝心。

走る前のメンテナンスをしっかり行い

楽しく走りましょう!

-ロードバイクのある生活
-, , , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5