ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ZWIFTで急にケイデンスやパワーが切れる現象、解決してみる【ANT+】

Zwiftでトレーニング中に、急に

ケイデンスが0になってしまう事が

頻発しています。私はZwiftのワーク

アウトをERGモードOnにしているため

ケイデンスが0になってしまうと勝手に

負荷を調整してしまい、いきなりギアが

重くなり意図せずインターバル練習を

行う事になってしまいます。それで

気持ちが折れる事が多かったので対応を

してみました。

Zwift側の回答 トラブルシューティングより

急にケイデンスやパワー値が0になる

いわゆる「通信落車」は、自転車側の

ケイデンスやパワー値、心拍計の

信号をPCやタブレットで受信する間に

何らかの干渉で起こるもので、

Zwift側の問題ではない、という事です。

Zwiftは他のワイヤレス信号と同じく、

BluetoothとANT+は周波数2.4 GHzを

使用して自転車側の信号を受信している

為、その間に同じ周波数帯を使用する

機器があれば干渉してトラブルになる

との事。

物理的な距離 ANT+ ANT+ドングルとセンサーの距離を90cm以内に設置するようお勧めします。距離が短いほど効果的です。USB延長ケーブルをご使用になれば簡単に解決します。
電池切れ ANT+ Bluetooth 電池を交換する
ワイヤレス信号の干渉 ANT+ Bluetooth

これにはワイヤレス信号を送信する、あるいは電磁場を発生させる全てのデバイスが含まれます。

Bluetoothヘッドホン、スピーカー、補聴器

・Wi-Fiルータ (できれば、ご利用のコンピューター/iOSとANT+デバイス間の信号帯域と干渉しないように、ルーターをチャンネル3のような周波数帯域の低い側に固定してください。)

・電子レンジやコードレス電話機などの家電(電磁波を発生させるもの)

・ワイヤレスの動画配信デバイス (Chromecast、AirPlayなど)

・ワイヤレススピーカー

・特定の外付けモニター、液晶ディスプレイ

・ケーブルを使ってコンピューターやパワーソースに接続するあらゆるデバイス

・非シールドケーブル (特にANT+ドングルの近くでプラグが差し込まれている場合)

・ルータからベビーモニターまで、ワイヤレス信号を伝送するその他の全ての機器

扇風機 ANT+ Bluetooth 周囲に電磁場を発生させ、信号をブロックします。センサーとコンピューターやスマートフォンの間にサーキュレータを置かないようにしてください。
ワイヤレスのコンピューターアクセサリ ANT+ Bluetooth ワイヤレスのマウスやキーボードなど、アクセサリに使用されるUSBドングルが干渉を引き起こす場合があります。
物理的な障害 ANT+ Bluetooth センサーとコンピューターやスマートフォンの間に遮る物があると、信号が途切れる原因になります。
USBポートへの電力不足 ANT+ USBポートの中には100mAしか電流供給しないものがありますが、ANT+ドングルは500mAで最も効果的に機能します。ドングルへの給電が不十分だと思われる場合は、別のUSBポートまたは電源供給能力を強化したパワードUSBハブに切り替えてみてください。
ハードウェアの故障 ANT+ Bluetooth センサーの寿命が近いか、すでに寿命となっている可能性があります。別のセンサーでテストして確認してみるのも1つの方法です。

無線信号だから距離は関係ないと思い

がちでしたが、ANT+方式については

送信部と受信部はできるだけ近い方が

いいとの事。

私のペダリングモニターはサイクル

コンピューター側でANT+送信を

選択、送信するので、その近くに

ANT+ドングルを設置すれば問題ない

はずです。

また他のWi-Fi機器との周波数帯域幅を

ANT+も2.4GHzと別の5GHzにすれば、

干渉の原因を少なくできます。

電磁波による干渉もトラブルの原因

また電磁波もANT+に対して干渉する

原因と言う事で、その対策も必要に

なります。

一番簡単なのはANT+ドングルを繋ぐ

USBコードを電磁波から守ることなので

USBコードを購入しました。

Amazonベーシック USB3.0延長ケーブル 3.0m

抜き差しの摩耗から保護するためにコネクタに金メッキを備え、帯域幅の少ない損失で信号を維持し電磁気、および無線周波数の信号ノイズを防ぐことができます。また本製品は、お使いのデバイスのパフォーマンスを活用するために、最大625Mbpsの伝送速度を持つUSB3.0基準を満たしています。

Amazonのポイントが余っていたので、

USB3.0対応でコネクタに金メッキを施した

商品を選びました。

これで通信落車による意図しないインターバル

に悩まされることもなくなるでしょう。

おわりに

理想の環境を突き詰めるとキリがないので

安く手軽に改善できるところからやって

いきます。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5