ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ディスクブレーキバイクに乗り換えるならブリジストンアンカーRP9がオススメ【シマノ新型】

新型デュラエース、アルテグラが発表に

なり、ショップでもちらほら試乗会が

開催される予定との事です。

ここで日本が誇るメーカー、

ブリジストンがエアロロードバイク

完成車に新型デュラエース、アルテグラ

搭載モデルを発表してきました。

ブリジストン アンカーRP9

公式HPより転載)

ブリジストンと言えばタイヤを一番に

思い出しますが、実はトラック競技の

バイクも制作しており、世界選手権も

制しています。

今回発表された「RP9」は、その遺伝子を

受け継ぐとともに、公道での空力性能と

重量、剛性の相反する要素について

徹底的にバランスを追求した

ブリジストン初のエアロロードバイク

です。

エアロロードバイクとしては後発なので

形状は他社のエアロロードバイクとほぼ

同じの堅実な作りの様です。

新型アルテグラ仕様車660,000円。フレームセットが495,000円なので、差額165,000円。

新型デュラエース完成車は1,210,000円と

軽自動車なみの価格なので論外として、

新型アルテグラ完成車は660,000円と

ミドルグレードとしては妥協点と言えます。

特筆すべきはフレームセットが495,000円

なので、差額165,000円で新型アルテグラ

フルセットとホイール、ハンドルがついて

くるという事です。もちろんDi2仕様です。

これはリムブレーキ式からディスクブレーキ

式に乗り替えたいと思っている人にはかなり

魅力的です。リムブレーキバイクとその

周辺機器をオークション等で売却すれば、

出費も抑える事ができます。

おそらく、新型アルテグラ完成車に注文が

殺到すると思われます。

(そして巷にはリムブレーキ式の中古車も

溢れると予想)

おわりに

新型デュラエースやアルテグラは、完成車

への搭載を優先し、コンポーネントだけの

販売は今後も品薄状態が続くと予想します。

メーカーは目玉の新型コンポを搭載する事で

フレームの売り上げ増を期待し、シマノも

メーカーとの関係を良好に保ちながら、

完成車に取り付けるパーツのまとまった

注文を受けられるなど、利害が一致して

いるからです。

今、ディスクブレーキバイクを検討している

方はブリジストン アンカーRP9はかなり

ねらい目と言えるでしょう。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5