ロードバイクのある生活

【アクションカメラ】ロードバイクの動画を撮る時のマウントの話【レックマウント】

アクションカメラを使用してライドの

動画を撮りたいと思ってGoProを購入

した。マウントが色々あるみたいだけど

どれを買ったらいいかな?

メーカー純正品より、サードパーティー製がおすすめ

ツール・ド・フランスで流れるような

オンボード画像が撮りたいなら、ハンドル

周辺に取り付けるのが良いです。

理由は以下の通り

  • ロードバイクが進む方向を常に向いている
  • ダンシングなどの動きがわかり臨場感が増す
  • アクションカメラをドライブレコーダーの様に使える

カメラが体の動きに影響されずに決まった

向きをむいているので、ロードバイクの

挙動がよくわかり、臨場感が増します。

デメリットとしては以下の通り

  • 路面に近い場所だとロードノイズを拾いやすい
  • 自己満足的な動画になってしまい、見ている人が飽きる

ロードノイズは動画編集の際に消去する

事も可能ですが、そうなると臨場感も

なくなってしまいます。また見ている

人が「なにがおもしろいの?」と

感じやすいです。ただ前方の風景と

ロードノイズだけでは確かにウケは

悪くなりますよね。

ハンドル周りにGoproを設置する場合

  • サイコン下に設置する
  • ステム上に設置する

方法があります。その場合に使うと

便利なのが「レックマウント」です。

レックマウントでほぼすべての場所にGoProが取り付けられる

レックマウントで販売している

マウントを利用すれば、ロードバイク

の至るところにカメラを設置する事が

できます。(画像はHPより転載)

GoPro純正のマウントにはここまで

ロードバイクに特化したマウントが

ないので、レックマウントの商品を

購入して使用するのがいいです。

メーカーオリジナルのハンドルやステム

にも対応するための商品も充実して

います。

実際にGoProをサイコン下に設置した

動画がこちら。

サイコンのビープ音やロードノイズも

しっかり入っています。GoPro自体に

強力な手フレ補正がついているので、

動画自体はかなりなめらかです。

乗っている時の体の動き(後方確認で後ろ

を向く等)に関係なく、進む方向にフォーカス

されています。

どこにカメラを設置するかのアドバイスは以下の

通り。

  • ヒルクライムなどの大会の時はサイコン下。
  • ポタリングやグループライドの時は自分の目線。

大会の記録と考えてサイコン下につけるべきです。

どこのコーナーで仕掛けたか?ダンシング時の体の

振り方、大会の振り返りが客観的な目で見られる

からです。

逆にグループライドやポタリングでは自分ではなく

「周りの人たち全体を撮る」事になると思うので

バックパックにクリップで留めると声がするほうに

カメラを向けやすくなります。

おわりに

シチュエーションごとにカメラの設置位置を

変える事で、だんぜん動画が面白くなるで

しょう。皆様もアクションカメラを購入した

際は、レックマウントの商品を検討ください!

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5