ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ホンダが支援する新興企業が電動キックボード(原付免許必要)を販売【キックボード】

自動車メーカーのホンダが取り組んでいる

新事業創成プログラム「IGNITION」から

電動三輪車を開発、製造、販売を一手に

行う「株式会社ストリーモ」が誕生し、

その第一弾である「ストリーモ」が発表

されました。

道路交通法の改正により免許不要で公道を

走行可能になる電動キックボードですが、

気軽さの一方、自転車より高い事故率が

懸念されています。

ストリーモは後輪を2輪にすることで、

直進性、路面走破性の安定を図って

います。

なお、ストリーモは原付バイクと同じく

原付一種の免許が必要で、車体サイズは

全長1090×全幅480×全高1180mmで、

重量は約20kg。約3時間半の充電で

30km(郊外実測値)走行でき、

最高時速は25km/hとなっている。

また、6km/h、15km/h、25km/hに

速度を制限する3種類の走行モードを

備えているとの事。

また後輪を2輪にすることで、乗ったまま

停車しても左右にバランスを崩して転倒する

リスクを軽減しています。しかし電動三輪車は

カーブを曲がる際に遠心力が働き、ハンドルを

切った方の後輪が浮いてしまい、転倒する

危険性が危険性がありました。

ストリーモは、フレーム中心部分が左右に

可動する様になっており、ハンドルを

切っても後輪が浮かない様になっています。

ストリーモは2022年内に販売開始予定と

なっており、6月13日から先行限定品が

抽選で販売されました。値段は26万円

との事。

おわりに

首都圏のように道路が狭く、駐車場もない、

もしくは賃料が高い、歩くには遠いが、

車やバイクを使うまでもない距離に何でも

あるような地域では電動キックボードは

重宝する事でしょう。また、ホンダの

様な、実績のある企業が支援して誕生

した会社が製造販売するというのは

製品の品質にも安心感がもてます。

ただ懸念点としては、昨今の半導体

不足でバッテリーを使用する電動

キックボードがどれだけ流通するかと

いう事ですが・・・。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5