ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ナンバープレートがない電動キックボードには近づくな!【電動キックボード】

青森ではまだ普及していませんが

新たな脅威になりかねませんね・・。

電動キックボードによる危険運転が急増している

都心部ではシェアリングサービスに

より急速に台数を増やしている電動

キックボード。コンパクトなので

場所を取らず、1回の充電で約20km

ほど走れるので通勤にはもってこい

です。しかし、台数が増える事で、

自動車や歩行者との事故も増えてきて

います。

大阪では電動キックボードで歩行者に衝突、

そのまま逃げた自動車運転処罰法違反

(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)で

男が逮捕されています。

電動キックボードは原付バイクと同じ扱い

kickboard

電動キックボードは日本の道路交通法

では原付バイクと同じ扱いです。公道を

走るには原付バイクと同様に免許と

ヘルメット着用の義務があります。

歩道を乗ったまま走行もできません。

(降りて押して移動はOK)

電動キックボード自体にもウインカー、

ブレーキランプ、バックミラー、

ナンバープレートと原付バイクと同じ

装備が必要になります。

私はキックボードというと子供用の

後ろ脚でブレーキをかけるモノを

想像していました。

こんな感じです。

Amazonで電動キックボードを検索して

出てきた製品です。

電動キックボードは形こそ似ていますが、

モーターにより最高速度は時速20~30km

あります。後輪のブレーキに加え、前輪

にも電子制御ブレーキが装備されています。

ただ、この製品ですがメイン画像に公道

走行不可の表示がありません。

紹介画像だと、いかにも公道を走れる

ようなイメージですが、画面を下に

スクロールしていくと・・・

 

ようやく「公道使用不可」の一文が

あります。しかし、違反した場合、

罰則がある事が記載されていないので、

気づかない人が多いのではないでしょうか。

違反者とぶつかってしまうとデメリットしかない

ロードバイクで走行中、このような

電動キックボードと衝突してしまった

場合、相手が道路交通法に違反していた

としても、賠償については泣き寝入りに

なる恐れが非常に高いです。

理由は

  • 無保険
  • ロードバイク側にも過失(前方不注意)が認定される恐れ

バイクや車の事故の場合、自賠責保険で

最低限の賠償がされます。公道走行可の

電動キックボードも自賠責保険の加入

義務がありますが、上の画像のような

製品の場合、小さくではありますが

「公道走行不可」と記載されているので

自賠責保険には入れません。

加害者がすべての賠償を行わなければ

ならず、被害者側の希望額を出す事は

ほぼ不可能でしょう。

また、出会いがしらでの衝突の場合は

過失割合が10:0になる事はほとんど

ないでしょう。

触らぬ神にたたりなしの気持ちで走ろう

前方に電動キックボードが走っていた

場合、まずはウインカーやブレーキ

ランプ、ナンバープレートがついて

いるかを確認。

ついていない場合は公道走行不可の

電動キックボードなので、近寄らない

ようにしましょう。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5