ロードバイクのある生活 仕事

【ロードバイク】新しいDIYグッズ、アルミフレームのG funの解説【DIY】

子供の間仕切りDIYでホームセンターに

行ったときに気になる商品があったので

紹介します。

自由にカスタマイズできるアルミフレーム G fun

(公式HPより)

棚や間仕切り、テーブルをアルミフレームで

作成できるキットです。似たような製品に

イレクターパイプがありますが、ジョイント

がプラスチック、固定方法が接着剤の

イレクターパイプとは違い、フレーム自体に

溝があり、そこにジョイントをはめこんで

ネジで固定するタイプです。

イレクターパイプがいったん接着して

しまうとやり直しがきかないのに対して

G funはネジで固定するので、後から自由

に動かす事ができます。

太さも19mm、28mm、43mmの3種類あり、

用途に応じて使い分けが可能で、違う太さ

同士でも連結できるパーツもあるので、

DIYの幅が広がります。

 

また、可動するジョイントが豊富に用意

されているのも特徴です。

G funの強みはアルミフレームの軽さ、丈夫さ、錆びにくさ

アルミフレームのG funの強みは何と

言っても軽さと丈夫さ、錆びにくさ

でしょう。

イレクターパイプはスチールパイプに

プラスチックをコーティングしている

ため、表面は錆びにくいですが内部に

水が侵入すると内部から錆が発生します。

G funはアルミ材のアルマイト加工なので

錆びの心配はありません。

重さは600mmで比較すると、イレクター

パイプが314gに対し、G funは222gと、

約100g軽くなっています。頑丈さでは

見た目イレクターパイプの方が頑丈そう

ですが、G funの方も作品集で間仕切りを

作っている方もいるので、同じ位頑丈と

見て差し支えないと思います。

(G funアイデア大賞より転載)

高性能だけど値段は高め、制作できる範囲が広すぎて既製品より高くつくかも。

G funはとてもいい製品ですが、いい物は

高くつきます。特にジョイントがイレクター

パイプより1.5倍~2倍ほどします。

いいものを作ろうと凝り過ぎ、完成したら

既製品を買うより高くついてしまうDIY

あるあるに陥りやすいです。

HPで無料図面化サービスが受けられる

頭で思い浮かべた物をいざ作ろうと

しても、図面に起こすのは大変・・と

いう方に、公式HPでは無料の図面化

サービスを行っています。

technical-support-sheet_2020

公式HPからテクニカルサポートシートを

ダウンロードし、必要事項を記入して、

HPの依頼フォームかFAXで送ると、

およそ7~10営業日で図面を作成して

返信してくれるとの事。

おわりに

取り扱い店は公式HPから調べる事が

できますが、DCM系列の店舗なら

取り扱いがある様です。

ぜひお試しください!

-ロードバイクのある生活, 仕事
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5