ロードバイクのある生活

【ロードバイク】新機能てんこ盛り!E-BIKEというよりもうペダルのないオートバイ【特許情報】

海外では飛ぶ鳥を落とす勢いで

売れているE-BIKE。日本ではその

価格の高さから、まだまだ一般的

ではありませんが、これからどんどん

広がっていくと思われます。

シマノもE-BIKEに注力しており、新しい

特許もどんどん出願しています。

ABS(アンチロックブレーキシステム)

アンチロックブレーキシステムは

急ブレーキでタイヤがロックした場合

ブレーキを握ったままでも自動的に

ブレーキの解除・作動を繰り返し、

タイヤのグリップ力を回復させると

同時に自転車の走行安定性を保ち、

危険回避を容易にする装置です。

スピードが出る車やバイクには標準装備

となっていますが、技術の進化で自転車

にも搭載可能なサイズまでになっています。

文書名JPA 2021142946-000000
文書名JPA 2021142946-000000-2

ブレーキも電動制動装置となり、スマホの

アプリでABSのオンオフや、DI2の設定が

できるようです。

様々な機能の調整、可動が制御可能になる

ebike

今後E-BIKEには様々な機能が搭載

されるようです。

電動制動装置はもちろん、変速機や

モーター出力、前後ライトや

ボタンで上下位置を調整可能な

アジャスタブルシートポストや

減衰力を調整可能なサスペンション

グリップやシートのヒーティング機能

前後カメラ操作など・・。

特にグリップやシートを温める

ヒーティング機能は冬のライド時に

重宝しそうです。

おわりに

今回の情報は特許情報プラットホーム

から閲覧しています。

アメリカの方が出願内容を公表するのが

速いのですが、全文英語なので分からない

部分も多く、日本語で見れるようになる

のを待っていました。

ここまでE-BIKEの機能が多くなるのは

びっくりですが当然値段は更に跳ね上がる

のでは、と不安に感じます。

普及する台数が増えれば少しは安くなる

のでしょうが、まだまだ手が出ないので

様子を見ていきたいと思います。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5