ロードバイクのある生活

【ロードバイク】シマノが新型デュラエースの陰でフロントシングル機構を開発中!?【FREE SHIFT】

シマノが新たなコンポーネント、変速比を

自由に変更できるコンポーネントを出願

しているようです。

新型デュラエースの情報がないか、特許庁の

サイトを巡っていると

「自転車用ドライビングシステム、

および自転車用フロントスプロケット」

という特許が出願されていました。出願日は

令和元年6月ですが、公開日は令和3年1月に

なっています。概要を見ると「広範囲で

変速比を円滑に変更できるシステム」

との事。

フロントシングルだが、リア14段で幅広いギアをカバー

全体図1~4

簡単に言うと、このシステムは

「フロントシングルで、チェーンを移動

させずにチェーンリングを動かして多段

変速を行う」です。

クランクアームは動かさずにチェーンリング

だけ動かすとはどういうものか?資料を

見てみましょう。

変速機構

クランク軸からクランクアームは完全に

独立しています。そして可動部からも

クランクアームが独立しているのが

わかります(可動部がCの形でクランク

アームに干渉しない様になっている)

フロントチェーンリングの位置を

変えてもクランクアームは独立して

固定されているため、ペダリングが

乱れる事はありません。

リアスプロケットは脅威の14枚と

なっており。推奨ギア比は3.4以上と

なっています。

ちなみに推奨されるギアの刃数はフロントが

58Tの場合、リアは12-13-14-15-17-19-21-23

-25-28-31-34-38-42で3ギア比は3.5となって

おり、フロントが43Tの場合は、10-11-13-15

-17-19-21-23-26-29-33-37-42-47となっており

ギア比は4.7となっています。

リア変速に応じてフロントチェーンリングが動くという挑戦的な試み

フロントシングルの利点は何と言っても

チェーン落ちがない、という事でしょう。

また、フロントの変速が必要ないので、

STIの軽量化も可能になります。Di2なら

バッテリーも長持ちします。欠点はリアの

スプロケット枚数が多くなるので後輪の

重量増です。また。クランク型パワー

メーターとの相性も良くないと考えます。

その名はFREE SHIFT・・かも

同じく特許庁のサイトは、商標登録も見る

事ができ、つい最近シマノは「FREE SHIFT」

と言うロゴを登録しています。

「二輪自動車・自転車並びにそれらの部品

及び附属品、電動アシスト自転車並びにその

部品及び附属品、自転車用推進装置」となって

いるので、ほぼ間違いないとは思いますが・・。

おわりに

新型デュラエースの陰でひっそりこのような

製品の開発を行っていたのは驚きです。

シマノが本格的にフロントシングルに

力を入れる事になれば、かなり面白い

事になりそうです。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5