ロードバイクのある生活

【保管】ロードバイクや工具の保管方法は子供の年齢で考える【壁掛け】

家族持ちチャリダーの悩みの一つ

「ロードバイク(パーツや工具含む)を

どこに置くか」ですが、私も何度か試行

錯誤を繰り返して一つの結論に至りました

工具は子供が小さい時は工具箱に。ある程度大きくなったら壁かけに。

ロードバイクの工具に限りませんが、

カッターやドライバー、ハンマーなど

子供がさわると危険なものが多いので

小さい子供(6歳未満)がいる家庭は

工具箱に入れたほうがいいです。それで

子供の手に触れない場所か、工具箱が

取り出せないように重い物をのせて

おく、などの対応をしましょう。

小学生になれば危ないものは教えれば

わかるので、そのままでもいいですが、

オススメは壁掛けです。

材料は以下の通り

  • 2×4材 3本
  • ディアウォール 2セット
  • コンパネ 1枚
  • 木ねじ51mm長 1箱
  • 木ねじ30mm 1箱
  • 塗料(水性ニス マホガニー色)
  • 総額 およそ6000円

コンパネに色を塗らなければもっと

安くできます。4000円くらいでしょう。

若井産業 WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム ディアウォール

市販のツーバイフォー材(断面寸38mmX89mm)にセットするだけで柱を作成でき、専用棚受け具を使用することで飾り棚を作ることも可能です。バネの力で突っ張るので、誰でも簡単に施工できます。底面のシートで床も天井も傷つきにくい。

全体図はこんな感じです。

壁掛けのメリットは

  • 工具のある、なしが一目でわかる
  • 壁掛け自体がインテリアになる

工具箱だと、中身がどこかに行って

しまっても、工具箱はあるので気づかず

必要な時になくて困る、という事が

かなりあります。

またコンパネなので、ネジなどを使って

自由に物をかけるところを増設できる

ので、収納にも役立ちます。

ロードバイクは壁かけがオススメ。

子供が小さい時はクランクを回されたり、

チェーンオイルで服を汚されたりする

恐れがあるので、上記のディアウォール

を使用した壁掛けをオススメします。

写真では低い場所にミノウラのバイク

ハンガーを設置していますが、小さい

子供がいる時はもっと高い場所に設置

するのがいいです。

MINOURA(ミノウラ) バイクハンガー4R ロードバイク等用

壁との間にできるデッドスペースを最小限としたバイクハンガー4R。フックには保護カバーが装着され、左右のフックは、スローピングフレームの場合もできるだけ自転車を水平保持できるように、
それぞれ角度変更が可能です(左右とも最大15°までのフリー調整)。未使用時には跳ね上げて折り畳め、ヘルメットなどを掛けるフックも備えています。

ただ、このディアウォールはバネの力で

突っ張っているので、地震などの揺れに

不安はあります。(うちの場合は何度か

地震を経験していますが、外れた事は

なし)ネットを見ると外れて大惨事な

記事もありますが、これはバネが

しっかりかかっていなかったか、過重量

の可能性もあります。不安であれば、

いっその事壁掛けを諦め、スタンドを使う

のもありでしょう。ただ実走後はタイヤ

を水拭きしないと床が汚れてしまうので

注意しなければなりません。また家族が

ぶつかって倒してしまっても文句は言え

ないので、絶対に大丈夫な場所でないと

難しいです。

終わりに

ロードバイクを家族に理解してもらうのは

とても難しいです。少ない時間で乗る時間を

ひねり出し、邪魔にならないようにロード

バイクを保管しなければならない。

でもそれを含めての趣味です。

理解してもらえるように努力して

いきましょう!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5