ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ケガで治療費が高額になるかもしれない時の備え【申請しないと損】

春の陽気も気持ちいい季節になって

きました。もう夏日を記録している

地域もあるとの事。コロナウイルスの

せいでイベントやお祭りが軒並み中止

もしくは縮小していますが、それでも

車通りは多く事故や落車の危険は

変わらずです。

Twitterで落車によるケガの治療に

どれくらいかかったのか、ツイートが

ありました。

落車によるケガを負った方の奥様の

ツイートです。単独落車でのケガの

治療費でしょう。

この方のケガがどのくらいかは不明ですが

コルセットを購入している所をみると、

腰椎や胸椎に及ぶケガではないかと

思われます。

総額は83万円とかなりの高額です。

治療費が高額の場合、事前に申請すれば所得に応じて一定額以上支払わなくてもいい

ツイートにもある「限度額適用認定証」は

事前に申請する事で、医療機関ごとの1ヵ月の

自己負担額を法定限度額までとし、

それ以上は支払わなくてもいい、という

ものです。(以下 全国健康保険協会から

資料を転載しています。)

文書名k_gendogaku_guide201001

申請は支払額が確定する前に行う必要が

あり、いったん支払った後に認定証を

提示しても適用にならないので注意が必要

です。

高額療養費

(この場合は高額療養費制度を

利用すれば、後日自己負担額以上

支払った分が返金されます)

コルセット等の装具購入費、移送費も申請すれば一定額返金される

保険診療を受け、治療上必要と医師が

認めた補装具(コルセット、ギプス)を

製作したときは、役所や保険に申請する事で

代金の一部が返金されます。

装具

審査後、申請から一定期間後に保険給付分

(自己負担3割の人は7割)が支払われます。

義務教育就学前の人は8割が支払われます。

審査の結果次第で支払いが認められない

場合や 実際に支払った金額と決定金額に

差が出る場合があります。

補装具は、医師の診断により製作されるので

領収書の日付は 医師の意見書の日付以後の

日付になります。

良そう

また、ケガが原因で移動が困難であると

医師が認めた時は移送費の実費が支給

されます。

医療費が高額になったら、確定申告でいくらか戻ってきます

医療費が一定額を超えた場合は、

確定申告で医療費控除でいくらか

戻ってきます。

(支払った医療費合計-保険金等で補充される金額)-10万円または総所得の5%どちらか少ない額=医療費控除

はじめに医療費控除額を算出します。

注意点はこの控除額は実際に支払われる

金額ではない事です。

  • ①(支払った医療費合計-保険金等で補充される金額)-10万円または総所得の5%どちらか少ない額=医療費控除

次に課税所得額を算出します。

課税所得額とは「支払給与」(給与の額面)

ではありませんのでご注意ください。

  • ②給与所得控除後の金額-所得控除合計=課税所得額

となります。

課税所得額 所得税率 控除額
195万円未満 5% 0円
195万円~330万円未満 10% 97,500
330万円~695万円未満 20% 427,500
695万円~900万円未満 23% 636,000
900万円~1800万円未満 33% 1,536,000
1800万円~4000万円未満 40% 2,796,000
4000万円以上 45% 4,796,000

最後に上の表の課税所得額に当てはまる税率

と医療費控除額をかけ、その金額が戻って

くる金額となります。

例を挙げて説明します。

  • 年収 700万円
  • 医療費総額 50万円
  • 医療保険から受け取った保険金 15万円
  • 所得控除 130万円
  • 給料からの所得控除 180万円

まず医療費控除額を算出します。

  • 医療費控除額 50万円-15万円-10万円=25万円

次に課税所得額を算出します

  • 700万円-180万円-130万円=390万円

次に表にあてはめて控除額を算出します

  • 390万円=20%

最後に医療費控除額と所得税率をかけます。

  • 25万円×20%=5万円

最終的に戻ってくる金額はおおよそ5万円

となります。

難しい場合はYouTubeで解説しています

ので、そちらを参照してみましょう。

おわりに

ケガをしてしまうと体の回復には時間が

かかります。今までのトレーニングの

成果が失われていくことに気持ちも落ち

こんでしまうでしょう。そうならない為

にも、常に注意を払って、コントロール

できるスピードで走りましょう!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5