ロードバイクのある生活

【ロードバイク】十和田市に移住して自転車ライフを楽しみませんか?【マウンテンバイク】

コロナウイルス感染拡大でリモート

ワークが一般化し、必ずしも仕事で

都心部にいなくてもネット環境があれば

どこでも仕事ができるようになりました。

そんな中、地方では移住支援が本格化

しています。

十和田市でも人口減少に歯止めをかける

べく、都市部からの移住支援を行って

います。

十和田市へ移住(転入)する場合、住宅取得費用の補助がある

  • 新築住宅(検査済証の交付から1年を経過してないもの)を建築、購入した場合、その費用の10%、100万円を上限に補助する

  • 中古住宅を購入した場合、購入費の50%、50万円を上限に補助する

  • 中古住宅を改修した場合、改修費の50%、50万円を上限に補助する

  • ※中古住宅の購入費と改修費の補助金は併用できません

条件に該当すれば補助金が上乗せされる

  • 申請者本人が40歳未満の世帯、もしくは夫婦のいずれかが40歳未満の世帯

  • 上乗せ補助金額:10万円

  • 子育て世帯(妊婦又は18歳未満の子がいる世帯)

  • 上乗せ補助金額:10万円(妊婦又は子1人につき)

  • 妊婦又は18歳未満の子と夫婦いずれかの親がいる世帯

  • 上乗せ補助金額:10万円

令和4年3月31日までに補助対象住宅に入居することが要件

新築住宅に関する要件①は

上十三・十和田湖広域定住自立圏

(十和田市、三沢市、野辺地町、七戸町

六戸町、横浜町、東北町、六ヶ所村、

おいらせ町、小坂町で構成する圏域)以外

から転入して上記期間内に入居する事です。

中古住宅の場合は十和田市外から転入して

上記期間内に入居する事です。

その他の要件は以下の通りです。

  • 入居の日から5年以上継続して補助対象住宅に居住をすること
  • 市区町村税に滞納がないこと
  • 町内会に加入すること(町内会が組織されていない地域に居住する場合等は除く)
  • 十和田市暴力団排除条例に定める暴力団員でないこと

中心部はド平坦、周囲を山岳に囲まれた自転車には理想的な立地

十和田市は中心部から東側が三本木原に

面しており、市街地から隣町の六戸町まで

坂らしい坂がない平坦な地形です。

小さい子からお年寄りでも自転車で楽に

街中を移動できます。

逆に、十和田市の北西部は八甲田連峰が

連なり谷地・猿倉・蔦・焼山といった

温泉が点在する山岳ルートです。

青森市との境には、乗鞍岳などの南八甲田

連峰がそびえ、その間を縫うように急峻な

坂道が連続しています。

市の南西部には十和田湖があり、その外輪

には御鼻部山があります。ここは地元の

有志が開催する十和田湖ヒルクライムの

舞台となっており、ふもとから頂上の

御鼻部山展望台まで12.5km、平均斜度6%

の登りごたえのあるコースです。

ちなみに最後に開催された2019年大会の

優勝者は寺澤アンドリュウ選手で、今年の

2月に開催された第1回全日本学生選手権

自転車e-レース大会の優勝者でもあります。

大会HPはこちら

また、郊外には林道が多くありマウンテン

バイクでのトレイルライドも楽しめます。

(クマには注意が必要ですが)

おわりに

いきなり移住するのではなく、2~3か月

ほど市内のアパートを借りて一時的に

定住してみると、市の事がよくわかる

でしょう。

十和田市は高齢者率が人口の3割を超え

また、核家族化も進行しているので、

その方々が施設に入り、自宅が空き家

となっている例が増えています。

移住を検討している方は十和田市も

候補にいれてはどうでしょうか?

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5