ロードバイクのある生活

【初心者】ロードバイクの機材、交換する優先順位は体に触れる物【機材選び】

ロードバイクはフレームにホイールやサドル

タイヤにハンドル、ステム、クランクや

ペダルなど様々なパーツが組み合わさって

います。この中で交換する優先順位はどの

パーツかを解説していきます。

ぶっちゃけ変えなくてもいい

少々のあぶく銭が入って機材を物色する

のは楽しいです。自分もネットや雑誌の

インプレ記事を見るのが大好きです。

しかし、すぐ飛びつくのはちょっと・・。

大事なのは機材との相性を探ることです。

とっかえひっかえ機材を変えていては

いつまでも自分に合った機材を見つける

事はできません。今使っている機材を最低

1シーズン乗り込んでみてからでも新しい

機材の購入は遅くないですよ。

大事なのは「良い機材」ではなく「合う機材」

雑誌やネットには機材のインプレが山の

ようにあります。

自分も購入の参考にしています。

ただ、機材のインプレをしている人が

自分と全く同じ体格をしているわけでは

ありません。ポジションも違うでしょう。

自分と違う体格の人が絶賛しているから

自分にも合うとは限りません。インプレ

は題名や文末の結論を見ないで真ん中の

機材の説明(乗り味や機材を試した条件

など)を見るべきです。もし自分と同じ

ような体格の方がインプレし、行間で

機材の使用状況などをしっかり説明した

上でオススメしているなら「自分にも

合うかも」と購入を考えてもいいでしょう。

常に体に触れていてる機材を購入の最優先にする

購入の優先度は体に触れている時間が

多い機材を優先します。

それらの機材が体に合っていなければ

痛みで走る事も、難しくなります。

優先順位は

  • シューズ
  • サドル
  • レーサーパンツ

シューズは足にフィットしていないと

しびれや靴擦れの原因となり、走る

以前の問題になってしまいます。

サドルはポジションを変えたりサドル

の傾きなどを変えればある程度の調整

は可能ですが、形状によっては擦れや

尿道のしびれを引き起こす可能性が

あります。レーサーパンツは厳密には

ついているパッドの形状や材質が自分

のお尻に合っているかどうかです。

シャモアジェルなどで擦れはある程度

緩和できますが、形状が合っていない

パッドにはそれも効果薄です。

私の場合、シューズは2013年式の

スペシャライズド S worksシューズを

消耗パーツを交換しながら使い続けて

います。サドルは色々なものを試し

ましたが、フィジークのアンタレスを

通算4年ほど使っています。

レーサーパンツはパールイズミ一択

です。ロードバイクを始めた2011年

から買い替えながら使用し続けて

います。

これらの機材に共通するのは2点。

「モデルチェンジが少ない」

「ハイエンドモデルでも比較的安い」

モデルチェンジが少ないため、雑誌の

インプレの他に購入した人の感想も

ある程度出そろうので、判断材料が

増える事があげられます。

またハイエンドモデルが数十万にも

なるホイールやフレームのおよそ

10分の1で購入できるのでコスト

パフォーマンスにも優れます。

購入を決めたら、必ず試す事。

店舗で購入するより通販で購入した

方がもちろん安く済みます。

ただし、これらの機材は必ず自分で

試してから購入するべきです。

特にシューズは必ず試着して、できるなら

少し歩いてみましょう。歩くことで体重が

かかり、シューズの中で足がどう動くのか

確認できます。

サドルはテストサドルを用意している店舗

で実際にバイクに取り付けて試しましょう。

スペシャライズド銀座店のHPより。

レーサーパンツについては実際に肌に

触れるため、試着できる店舗は少ない

かもしれません。

パールイズミのレーサーパンツは

プライム会員限定ですがAmazon Wardrobeで

7日間の無料試着ができます。

Prime会員限定の無料試着サービス「Amazon wardrobe」はサイクリストに必須となる。

Amazonに限りませんが通販サイトを利用 している人の最大の悩みは「実際に手に とって見られないので、手元に届くまで 不安」「もしサイズが合っていなかったり デザイン等が思っていたのと違う」時の 返 ...

続きを見る

終わりに

速く走るのも大事ですが、体に

負担をかけずに楽しく乗る事は

それ以上に大事です。

もし上記の機材で、今自分が何か

違和感をかんじているものがある

のなら、変更を検討してはどうで

しょうか。そして納得するまで使い

こんでみて、自分に真に合う機材を

見つけ出してみてください。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5