ロードバイクのある生活

【ロードバイク】コロナで大会に出られない時はSNSやバーチャルトレーニングアプリを活用しよう【2021年】

2021年になってもコロナの脅威は変わらず

色々なイベントは中止されています。

ロードバイクの大会も、一部は開催を決めて

いますが、参加者が多いネームバリューの

ある大会は開催はまだ未定となっています。

いっその事こと、今年はトレーニングの年

と割り切ってみましょう。

バーチャルトレーニングアプリの活用

大会が感染予防をしっかりやっても、参加者

がその帰りに打ち上げをやって感染すれば

明確にいつ感染したか分からない現状では

大会主催者側も何を言われるかわかった物

ではありません。2021年はよりバーチャル

トレーニングアプリを使用したバーチャルな

大会が開催されると予想されます。

実際に去年はロックダウン中にプロ選手が

行っており、成功を収めています。

アプリ自体もどんどん進化し、対応する

ローラー台も多く登場しています。

アプリ自体もどんどん進化しているので、

大会の規模も大きくなっていくと思います。

【ロードバイク】Zwiftでアレも花粉も心配ないライド!【始め方】

目次1 まずはサイトにアクセスしよう。2 アカウントを作成してダウンロードしよう3 Zwiftを立ち上げよう4 各種センサーを認識させよう5 より実走感を楽しむための機能6 より快適にZwiftを楽し ...

続きを見る

SNS、YouTubeの活用

ツイッターではプロ選手やトップアマ選手

が自身の経験をもとに筋トレの方法や、

走り方を解説しています。

【ウェイト】コロナ時代のプロによる室内トレーニングのルーティーンを紹介【バランスボール】

マウンテンバイクのクロスカントリー 世界チャンピオンを8回獲得した ニノ・シューターがコロナウィルスが 流行しているヨーロッパの地元のジム で、自らのルーティーンを動画で 紹介しています。 当然英語な ...

続きを見る

高いお金を出してジムに行かなくても

スマホさえあれば、ロードバイクに

適したトレーニングができます。

筋トレの器具も100均で購入できる

ものが多く、少ない投資で大きな

リターンが望めます。

おわりに

県外移動も会社側で禁止されていたり

家族からの反対で大会の参加はかなり

厳しい方が多いのではないでしょうか。

コロナウイルスがいつ収束されるか、

ワクチンが開発されてもきちんと効くか

まったく未知数です。感染に気を付けて

少しでも走れるように頑張りましょう!

-ロードバイクのある生活
-, , , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5