ロードバイクのある生活

【ロードバイク】マキタの充電式ファン、バッテリーを持っているなら購入をオススメ!【ローラー練習】

梅雨時期の室内ローラーは、したたり

落ちる汗との闘いです。メガネをして

いると、目に落ちてきた汗を拭くのも

イライラします。今回は、頭部や顔の

汗対策としてマキタの充電式ファンを

購入したので紹介します。

マキタ 充電式ファンCF203DZ

マキタは電動工具の国内最大手であり

日本国内シェアは約60%、世界第2位の

電動工具市場シェアを誇る電動工具の

世界的企業です。

イメージキャラクターに八村塁を起用

するなど、ホームセンターで見かけた

方も多いでしょう。

この充電式ファンは、屋内外での送風や

乾燥作業をするため、コンパクトな作り

でも十分な風を送る為に様々な工夫が

されています。

風量は3段階に調整可能で、首振りは自動

です。

ファンの角度も手動ですが最大135度まで

変更が可能です。

一点集中で風を当てられるのが強み

ナカトミ 45cm 工場扇 スタンド型

消費電力(強):88/107W 電流(強):0.98/1.09A
風速(強):197/245m/min 風量(強):149/158m3/min
ファン:45cm プラスチック 4枚羽根
首振り角度:約90度、首折れ:4段階
電源コード:VCTF 0.75平方mm 約2.4m (アースクリップなし) 騒音値:63/66dB

以前は工場扇(スタンド式)を使って

いました。風量は申し分ないのですが

場所を取り過ぎた事、風が広範囲に

あたりすぎ、お腹が冷えすぎて痛くなって

しまった事から手放しました。

充電式ファンなら、コンパクトで棚に置く

事ができ、汗をかく頭や顔だけに直接風を

当てる事ができるようになります。

いい所ばかりではなくイマイチな所もあり

いい所ずくめのようなマキタの

充電式ファンですが、イマイチな

点もあります。

  • プラスチック製で安っぽく、衝撃で割れる恐れあり
  • 別売りのバッテリーが本体より高い
  • 風切り音は家庭用扇風機より大きく、工場扇より小さい

コンパクトで持ち運びしやすいように

プラスチック製になっているので軽い

ですが、落としたりぶつけたりすると

割れる恐れがあります。首振り部分も

プラスチック製なので、少し動かすと

カタカタするのも若干不安です。

そしてバッテリーが本体より高いのが、

一番のネックとなります。

この製品は14.4Vと18Vのバッテリーが

使えるのですが、高容量のBL1860Bは

純正で14,680円(amazon)と本体より

高いです。しかも充電器も別売りなので

(充電式ファン自体には充電機能がない)

出費がかさみます。ACアダプターも付属

していて有線でも使えますが、それでは

この製品の持ち味が生かせません。

また家庭用扇風機と比べて音が大きく、

工場扇より風量が劣る、と性能的には

中途半端感が否めません。

今後DIYをする予定なら購入もアリ

マキタ 充電式ファン羽根径23.5cm青(18/14.4V) ACアダプタ付/バッテリ充電器別売 CF203DZ

羽根径235mm、自動首振りモデル登場!
マキタ従来機比、風速約58%アップ
ファンカバー工具レス脱着
キャリングハンドル付
切りタイマー機能付。1・2・4時間の設定が可能
風向角度調整可能(手動)、風量調整3段階
直流18V/14.4V共用、スライド式Li-ionバッテリ仕様、バッテリ・充電器別売、ACアダプタ付。AC100V使用可能。
最大風速190m/分
1充電あたりの連続使用時間(目安):約12時間50分/約19時間15分[弱・BL1460B/BL1860B使用時]
本機寸法:140×333×447、質量:1.9kg(バッテリ除く)

マキタの工具のバッテリーが使いまわせる

ので、今後DIYをやるぞ!というお父さん

チャリダーは、先行投資の意味合いも込めて

購入するのもアリです。

実際、私もマキタのインパクトドライバーを

持っていて、バッテリーも充電器もあった

ので、購入を決めています。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5