ロードバイクのある生活

【ロードバイク】三菱電機ロジスティクスが開発した自転車用通い箱【飛行機輪行にも使える?】

日本の特許情報プラットホームの

J-Platpatで、三菱電機が自転車専用の

梱包箱に関する特許を出願しています。

自転車をさかさまにして固定する方式の梱包箱

JPU 003236877-000016

特許出願情報をみると、名称は

「自転車通い箱」となっています。

「通い箱」というのは拠点間を

行き来して材料や部品、製品を輸送する

箱のことです。通函箱ともいいます。

製品を輸送する時に段ボール箱を使うと、

使用するたびにへこんだり汚れたりする

ので、ゴミとして処分したり新しい箱を

購入するコストがかかります。

それを減らす為にプラスチックダンボール

(通称プラダン)を使った再利用可能な

通い箱を使っているのです。

今回の特許出願も代理店からお店に自転車を

運ぶための箱と思われます。

JPU 003236877-000017

このようにハンドルとサドルを外した状態の

自転車をさかさまにして、シートチューブの

の穴を差し込んでに固定します。ハンドルは

フロントフォークの間に固定して幅が広く

ならないように工夫、ハンドルを外した

ステムに固定後を通してフロントを固定する

仕組みです。車輪はフレームを挟むように

固定するようです。

JPU 003236877-000018

チェーンは輸送中に暴れてフレームに

ぶつからない様、リアアクスルにチェーンを

通す部品を取り付けるようです。

三菱電機ロジスティクスとTREKの協力で制作

出願情報を見ると、TREKが協力して

三菱電機ロジスティクスが製作した

製品の様です。

自転車をさかさまに固定するメリットは

フレームからタイヤなどの各部品を付け

外しする作業がしやすいようにとの事です。

おわりに

ロードバイクに全く関わりがなさそうな

メーカーが、私たちのもとに自転車を

運ぶための用具を開発している、と

思うとスゴイ事だな、と思いました。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5