ロードバイクのある生活

【ロードバイク】自転車に乗れなくても焦らないで!そのうち何とかなる【乗らないのも手】

外をバリバリ走っていたりZWIFTなど

バーチャルトレーニングアプリを利用

してレースをしている人のSNSへの投稿

を横目にして「あぁ自分は全然乗れて

いないな・・。」と気持ちが落ち込んで

いませんか?時間の使い方を見直せば

乗る時間が確保できるでしょうか?

気持ちが落ちている時に無理に乗っても悪いところばかり目が向くのでいっそ乗らない方がいい

自転車に乗る為に、時間を何とか捻出して

他の事にしわ寄せが来るくらいなら、

ムリして乗らない方が、精神的に楽です。

自転車はしょせん趣味活動です。趣味に

力を入れすぎて本業(仕事や家事、育児)

がおろそかになるのは本末転倒です。

そういう時は自転車に乗って楽しい!と

いう気持ちより「あれ、こんなに走れ

なかったっけ・・?」「時間までに帰れ

ないとまずいな」というマイナス思考が

頭の中を占めてしまいがちです。

そんな時に万が一トラブルがあれば、

「ああ、やっぱり無理に走ったから

こうなった・・」となり、ますます

自転車から離れてしまいます。

自分がなぜ自転車に乗っているのか、を考え直す

自転車に乗る理由は様々でしょう。

「体を鍛えたい」「大会に出て勝ちたい」

「自転車で色々な場所に行きたい」・・

始めた理由が今の状況でもできる事なのか

考えてみましょう。

「自転車を速く走らせる体を作りたい」

なら、自転車に乗らなくても筋トレで

ベースを作る事ができます。筋トレの

いい所は、自重でも十分な負荷が

かけられるので、時と場所を選ばずに

できる事です。自宅なら家族に応援して

もらいながらできるので、モチベーション

も維持できます。

「大会に出て勝ちたい」などは、コロナ禍

で軒並み中止になっていたり、県外移動が

自粛されている内は難しいでしょう。

いっそ来年まで先送りし、その間は自転車

以外の事に目を向けてみてもいいかも

しれません。

時間が経てばまた乗りたくなる

せっかく高いお金を使って手にいれた

自転車です。一時的にモチベーションが

下がってもまた乗りたくなります。

それまでは乗れないとどうなるだろうか

と悶々とせず、ちょっと自転車から

離れたり、乗る事以外に自転車に関わって

(筋トレしたり、雑誌を購入したり、

機材を更新したり・・)その時が来るまで

焦らないようにしましょう。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5