ロードバイクのある生活

【ロードバイク】奥入瀬渓流は冬も楽しいよ!雪道ライドまだ大丈夫【マウンテンバイク】

2021年はコロナウイルスの影響で

エコロードフェスタもなかった

奥入瀬渓流ですが、冬季の氷瀑の

時期となりましたので、偵察がてら

初実走をしてきました。

奥入瀬渓流は冬季間でも車通りが多いので注意

奥入瀬渓流を走る時に拠点となるのが

奥入瀬湧水館です。1年通してトイレが

使え、自動販売機や駐車場があります。

ここから十和田湖の子ノ口まではおおよそ

13km、緩やかな登りとなっています。

路面ですが、山からの水が出ている所が

あり、圧雪よりシャバシャバだったり

凍結している区間が多めです。

12月初めから十和田湖で行われている

冬物語に行く車もあり、路面がわだち上に

なっていてシャバシャバの雪にタイヤを

取られて進みにくかったり、タイヤが滑って

蛇行する事があります。除雪はしっかり

されていますが、積雪で道路幅が狭くなって

いるので、こまめに後ろを確認し、後ろに

車が詰まっているようなら、直線路で

スピードを落として追い越させたり

したほうがいいです。

渓流内の服装は秋冬用+ウインドブレーカーでOK。

渓流内は風が遮られて体感温度はそこまで

下がらず、山用装備で行くと汗だくになり

ます。秋冬用ジャージにウインドブレーカー

で十分ですが、汗が冷えると急激に体温が

下がります。替えのインナーは持って

行きましょう。

手の指が冷えるので手先だけは厳冬期仕様に

手先が冷えると指が痺れたりしてブレーキ

操作がしにくくなります。特に薬指、小指の

痺れがハンパないです。グローブだけは

厳冬期でも使えるものを使いましょう。

足先はシューズカバーである程度冷えを

防止できます。吹雪でなければ防水は

気にしなくても大丈夫です。

おわりに

青森県の冬は1月終わりから2月中旬までが

一番厳しいと言われています。これから

また雪道を走っていきたいと思います。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5