ロードバイクのある生活

【ロードバイク】アメリカ横断ウルトラライド!!の予選会が青森県で行われています【超ロングライド】

世界的なイベントの予選が青森県で

行われているのをご存じでしょうか?

レース・アクロス・アメリカ(RAAM)

レース・アクロス・アメリカ(RAAM)は、38年にわたり、世界中のウルトラサイクリストが肉体的にも精神的にも限界に挑戦してきました。カリフォルニア州で最も長い桟橋のひとつであるオーシャンサイドをスタートしたRAAMは、3,000マイル以上の距離、17万5,000フィートの高さを登り、12の州を横断し、東海岸のセーリングのメッカであるメリーランド州アナポリスのシティ・ドックでゴールします。

ルートは西から東に向かっており、3つの主要山脈(シエラ、ロッキー、アパラチア)を越え、アメリカで最も長い4つの川(コロラド、ミシシッピ、ミズーリ、オハイオ)と大平原を横断します。 また、モハーベ砂漠やソノラ砂漠、モニュメントバレー、グレートプレインズ、ゲティスバーグなど、アメリカを代表するランドマークを通過します。

大会公式HPより

要するにアメリカ横断レースです。

49fb96_8967573706f34e7fb59383694799f9db

総走行距離は4,887km、獲得標高は

530,000mとケタが違います。

(ちなみに高岡亮寛さんが挑戦した

ギネスチャレンジで佐多岬から宗谷岬

までの走行距離は約2,600km。)

日本人で初めてRAAMを完走した

櫻井要氏が日本ウルトラサイクリング協会

(JUCA)を設立し、本国の運営に働きかけ

2020年からRAAM本選参加への参加資格を

得るための認定走行会を実施することが

公式に認められています。

詳しくは公式HPを参照の事→JUCA公式HP

RIDE AROUND 青森 2021

予選会は見てわかる通り、青森一周で

行われます。総走行距離は650kmで、

50歳未満男性は32時間以内、50歳以上は

34時間以内、50歳未満女性は34時間、

50歳以上は38時間の制限時間が設けられ

ています。

スタート、ゴールは新青森駅で、むつ市

に向かって走り、脇野沢経由で大間町を

通過、尻屋から六ケ所に抜けて七戸町

から八甲田山笠松峠を越えて黒石市、

弘前市を抜けて岩木山のふもとを北上、

津軽海峡冬景色の竜飛岬を横にみながら

外ヶ浜町を南下して新青森駅、という、

見るだけでも具合が悪くなる超絶キツイ

コースです。最大の難所は七戸町から

八甲田笠松峠に至る最大勾配13%の

和田ダムと、国道339号線の竜泊ライン、

眺瞰台に至る激坂区間でしょう。

おわりに

現在、大間町からむつ市に抜ける

国道279号線が土砂崩れにより

通行止めになっており、復旧の

目途は立っていない状況です。

おそらくコースが変更になると

思いますが、参加される方は

事故のないよう無事に走り切る

事を願います!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5