ロードバイクのある生活

【ロードバイク】fizi:kが新しい3Dサドルを発表。ショートサドル「Argo Adaptive saddle」【サドル沼】

(road.ccより転載)

ロードバイクのサドルやシューズを

販売しているFizikが、3Dプリントに

よるショートノーズサドル

「Argo Adaptive saddle」を259ポンド

(約42,000円)から販売開始するとの

事です。

3Dプリントによる格子状のエラストマーが従来のサドルより約60%もの圧力低減を実現

3Dプリンターで作成された格子状の

サドルは、使う人それぞれに違う

サドルへのお尻の圧力を効果的に分散

する働きがあり、従来のサドルに比べ

約60%もの圧力低減を実現したとの

事。これによりサドルの形やクッションが

お尻に合わない、という悩みを解消できる

とFizikは自信を持っています。

今回発売されたのは、既に販売されている

ANTARES VERSUS EVO ADAPTIVEシリーズ

よりサドルの先が短くなったショートノーズ

タイプのArgo Adaptive saddleです。

サドル幅は140mmと150mmの2種類を用意。

サドルレールはカーボンを使用した最上位

モデルのR1と、キウム合金レールを使用した

より手頃なR3があり、値段はR1が約48,000円

R3は42,000円との事。R1の方がサドルの重量

は軽くなっています。

おわりに

サドルは自分のお尻に合うものを探すのは

時間がかかります。メーカーによっては

試乗サドルもあるので、お店で試して

みるのもいいでしょう。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5