ロードバイクのある生活

【ロードバイク】特許出願から考える未来のデュアルコントロールレバー【シマノ】

2021年6月8日に出願登録された

シマノのコントロールレバー。

シフトスイッチがブレーキレバーと

ブラケットフードに内蔵。

ブレーキはブレーキ・バイ・ワイヤ

の可能性を示唆しています。

デュアルコントロールレバーを一新。ブレーキ、ブラケット内装に。

図1

現行のデュアルコントロールレバー

と違い、シフトレバーがなくなって

おり、すっきりとした外観になって

います。

ブラケット部とブレーキレバー部

それぞれに電気回路が内蔵されており

将来的には圧電素子を搭載し、振動で

電力を生み出して電池をなくすことも

検討している様です。

スイッチ入り1
すいち2

電気回路部にシフトスイッチとLEDの

インジケーターを搭載できるようです。

ボタンは現行のシフトスイッチより

小さく、ブラケット部のスイッチは

ちょうど親指で押せる場所に設置できる

と思われます。

油圧ブレーキも対応

油圧

上の画像は油圧ブレーキ機構を組み込んだ

コントロールレバーです。その他の部分は

機械式と変わらないようです。

将来的には電気信号でブレーキ操作が可能に

【ロードバイク】シマノが開発中の自転車用ABSはヘッドチューブに設置【ハイテク】

シマノの特許情報から、自転車用のABS (アンチロックブレーキシステム)開発が 進んでいる様子がうかがえます。 目次1 そもそもABSとは?2 ABSの制御システムをフォークコラムとヘッドチューブの間 ...

続きを見る

将来的には電気信号でブレーキを

操作するブレーキ・バイ・ワイヤを

示唆する文章も資料に出ています。

The bicycle operating device 10 is operatively coupled to a bicycle brake BC1. In this embodiment, the bicycle operating device 10 is operatively coupled to the bicycle brake BC1 via a control element C1. While the control element C1 is a mechanical control cable in this embodiment, the control element C1 can be other elements such as a hydraulic hose and an electric control cable. The control element C1 can also be referred to as the mechanical control cable C1.

自転車操作装置10は、自転車用ブレーキBC1と動作可能に結合されている。本実施形態では、自転車操作装置10は、制御素子C1を介して自転車用ブレーキBC1に動作可能に結合されている。本実施形態では、制御要素C1は、機械的な制御ケーブルであるが、制御要素C1は、油圧ホースや電気的な制御ケーブルなどの他の要素であってもよい。

この場合でも緊急時は機械式、油圧式

いずれかの機能でブレーキができるように

フォールトトレラント設計(障害許容設計)

が取られる可能性が高いです。

 

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5