ロードバイクのある生活

【ロードバイク】質のいい睡眠をとる事で心身のリフレッシュ。それでモチベーション維持【練習のうち】

トレーニングや仕事を頑張るには、心身の

リフレッシュが大事ですが、質の良い睡眠を

とる事でそれは可能になります。

「質の良い睡眠」は個人的に「寝つきの速さ」

「目覚めの良さ」と考えています。

スッと眠りに入り、気づいたら朝だった、と

言うのが理想です。

寝床=寝る場所と意識づけ

寝ようと思って布団に潜り込んでもぐずぐず

ゴロゴロしていて寝付けない、という事は

ないでしょうか。そうなると布団に入って

いた時間が無駄に感じて自分に罪悪感を

覚えてしまう方もいる事でしょう。

これは、布団(ベッド)が寝る場所以外に

使われている事が原因かもしれません。

家に帰ってきてベッドに寝ころびながら

スマホや本を見たり、ビールやジュースを

飲んだりしていると、本来寝る場所で

ある布団が食堂やリビングと同じくなって

しまい、寝る場所ではないと頭が判断して

しまう可能性があります。

寝床は寝る場所と明確に分ける事で、

寝床に横になる時は寝る時、と意識づけ

する事で寝つきが速くなると考えます。

床に布団を敷く、ベッドのある部屋に

行く、と言う行動は頭と体に「もう寝る

だけ」と切替を促すスイッチとも言えます。

頭をスリープモードにする

寝つきを良くするためには寝る前に体を

温めてほぐすといいと言われていますが、

寝る直前まで行うのは脳が覚醒状態に

なるので逆効果です。よく言われるのが

寝る2~3時間前に食事や入浴、有酸素運動を

行うという事です。運動や入浴で体の

中の体温(深部体温)を上げると、体を

休ませようと深部体温を下げる命令が

脳から出され、それに伴い眠気が誘発

されます。

毎日決まった時間に起きるようにする

起きる時間がバラバラだと、結局睡眠

時間にも影響が出ます。また、決まった

時間に起きれないと「自分はだらしない」と

罪悪感を抱く人もいます。

そうならないように起きる時間を毎日

一定にする事が必要です。起きる時間を

決める事で、自分が必要な睡眠時間も

逆算できます。

最初のうちは目覚ましを使って同じ

時間に起きる習慣づけをしましょう。

1か月もすれば目覚ましがなくても

起きれるようになります。

おわりに

寝ている時間は誰にも邪魔されない

自分だけの時間です。この時間を

有意義に過ごす為にも質のいい

睡眠をとるようにしましょう。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5