ロードバイクのある生活

【ロードバイク】実走と同じ様にコーナリングするスマートトレーナー「TiltBikes」を紹介【新製品】

イギリスでフィットネスバイクを開発

しているMuoverti社が、新しいインドア

スマートトレーナーを発表しました。

コーナリング時にバイクを倒せる「TiltBikes」

今回公開された「TiltBikes」はあくまで

先行試作品としての扱いとの事ですが、

今までのスマートトレーナーにはない

「実走と同じコーナリング動作で

バーチャルトレーニングアプリ内の

アバターも曲がる」機能を実装して

います。

(Muoverti HPより)

トレーナーや各種センサー類が組み込まれた

土台部分にフレームが設置されています。

このフレームはMuoverti社が別途用意する

マウンテンバイクやタイムトライアルバイク

のフレームと交換可能になるそうです。

フロントフォークから突き出したパーツが

ハンドル操作の動きを感知するセンサーに、

フレームが取り付けられている土台に

体重移動でバイクを倒す動作を感知する

センサーが組み込まれており、ZWIFT等の

バーチャルトレーニングアプリに伝える

役割をしています。

フレーム交換と同様にハンドルも交換でき

ドロップバー、フラットバー、TTバーに

交換できます。それに伴い、ギアの段数や

ギア比もカスタマイズ可能になっています。

クランク長やシートポスト長も自由に変更

可能でサドルやペダルも実車と同じものに

交換可能になっています。

勾配再現機能は確認できず

WafooのKickerシリーズやグロータックの

GT-eSlope-Qのような勾配再現機能は

確認できていません。今回公開された

製品はあくまで先行試作品扱いなので

今後それらの機能が追加される可能性は

あります。

おわりに

値段はまだ発表されていませんが、

Wafoo KikcerBikeの445,000円より

安いのでは、と思われます。

もし完成品で勾配再現機能まで

実装されれば、その値段に近づく

可能性はあります。

スマートトレーナーの進化がコロナ禍

で一気に飛躍して、近い将来はHMD

(ヘッドマウントディスプレイ)で

実写の風景の中をトレーニングできる

ようになるかもしれません。

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5