ロードバイクのある生活

【ロードバイク】スペシャライズド創業者であるマイク・シンヤードがCEOを元ダイソンの重役に譲る【若返り】

ロードバイクやマウンテンバイク、E-BIKE

など様々な自転車を世に送り出し、ロード

レースの世界でも複数のチームに機材を

提供しているスペシャライズドですが

創業者であるマイク・シンヤードが

今回CEO(最高経営責任者)を退き

新たに掃除機メーカーのダイソンから

COO(最高執行責任者 日本で例える

なら副社長クラス)を務めたスコット・

マグワイアを迎えたとの事。

創業50周年を前にしたトップの交代

創業50周年という節目を前にした突然の

交代で、ネットニュースでも取り上げ

られています。

創業者のマイク・シンヤードは退任後

企業の顔として引き続き活動していく

との事です。以下記事から本人のコメント

を抜粋して引用。

「私たちの夢は常に「Specialized Forever」を実現することです。その夢を追求するために、私は自分自身を「創立者、会長、およびチーフ・ライダー・アドボケート」の役割に昇格させ、スコット・マグワイアという理想的なリーダーを採用し、CEOの役割を任せることにしました。私はビジョナリーリーダーであり続け、スコットは私に報告しながらビジネスを運営する責任を負います。」
「スコットが経営に参画してくれたことで、私はライダーにより良いサービスを提供し、彼らが夢にも思わなかったような製品、サービス、体験を提供することに集中できるのです。」
「スペシャライズドが今日あるのは、ライダー、社員、そしてリテーラーの皆様のおかげです。そして学び続けることは、とても重要です。それは常にSPECIALIZED WAY(スペシャライズドの流儀)の一部なのです。私は、スペシャライズドの理想的なリーダーを何年も探してきました。スコットは、デザイン思考、エンジニアリング能力、サプライチェーンの専門知識、オペレーショナルエクセレンスを統合し、顧客と従業員に意味のあるイノベーションを推進することができる完璧な人物です。さらに、スコットは、複雑さの中からシンプルさを作りあげ、多様な人々と文化の強みを結集し活用すると信じています。」

このタイミングでの交代の理由は明らかに

なっていません。個人的な想像ですが、

創業者であるマイク・シンヤードの年齢や

健康問題、コロナ禍でのサプライチェーン

再編があると思います。コロナ禍は、

既存の仕組みを大きく変える出来事で

あり、高齢でコロナ感染後のリスクが

高いマイク・シンヤードでは万が一の

時に対応が難しくなる、とシンヤード

自身が考えたかもしれません。

【ロードバイク】スペシャライズドがオンライン直販から発送、組み立てまで行うサービスをアメリカで開始予定【日本はいつ?】

スペシャライズドがアメリカ国内での 電動自転車以外の自転車をオンラインストアで 直に購入できる「ライダー・ダイレクト」 オプションを開始するとの事です。 目次1 既存の店舗での受け取りも可能2 今の所 ...

続きを見る

スペシャライズドも店舗による対面販売から

ネットによるオンライン直販、それを発展

させた「ライダー・ダイレクト」を本国

アメリカで開始しており、それに伴う

人員整理や販路の拡大は、若く経営の

ノウハウがあり、痛みを伴う決断が

できる外部からの人材の方が、感情を

挟まずに会社の利益を優先して行う事が

できる、とも考えているかもしれません。

おわりに

トップが交代する事で、今後の

スペシャライズドがどういう風に

発展していくのか、非常に楽しみで

あります。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5