ロードバイクのある生活

【ロードバイク】SRAMがTIMEペダル部門を買収!シマノ一強崩壊の序章か?【パーツ戦争】

シマノに次ぐ自転車パーツ供給元に

SRAMが大躍進しました!

ブランド「TIME」のペダル部門をSRAMが買収

アメリカのパーツメーカーSRAMは、

フランスのブランド「TIME」のペダル

部門の買収を発表しました。

これまでにSRAMはホイール、ハンドル、

ステムのZIPP、パワーメーターのQuarq、

powertapを買収しており、シマノに

次いで自社製品でロードバイクを構成する

フレーム以外のパーツ供給が可能になり

ました。

本格的な参入は2021年半ばとの事

SRAMは2021年半ばから、TIMEクリートと

スペアパーツの提供を開始することを公表

しています。それまでに販売された製品の

保証は元会社が対応する事になっています。

SRAMに統合されても保証内容についても

元会社の内容を踏襲する事で大筋合意されて

います。なお、TIMEはビンディングシューズ

もラインナップしていますが、こちらはまだ

不透明な状況です。

そもそもTIMEってなに?

TIMEはLOOK社(スキーのビンディングを開発

し、そのシステムをロードバイクのペダルに

応用、ビンディングペダルを販売した会社)

のエンジニア「ジャン・ベイル」が理想の

ペダルを開発するため立ち上げた会社です。

シューズ角度の自由度、シューズ左右位置の

自由度を確保することでシューズがペダル上

の一点に固定されることなく浮いている様に

自由に動く「フローティング」機能が特徴で

常にセンターの位置にシューズを戻そうと

する力が働くことでより安定した力の伝達

と膝に優しいペダリングが可能になります。

ちなみにその後TIME社はフレーム製造にも

着手。新城幸也選手や近年ではロードレース

チームのマトリックスパワータグもTIMEの

フレームを使用していました。

今回SRAMはペダル部門のみ買収しており、

フレーム部門(生産ライン含む)は紆余曲折

を経てアメリカのCardinal CyclingGroupが

買収。いずれもTIMEという名前は残して

製品を作っていくとの事です。

SRAMの野望はシマノを蹴落とす事?

SRAMがTIMEのペダル部門を買収した

狙いは、TIMEという古く実績のある

メーカーを買収してそのノウハウを吸収、

より先進的な製品を作りだしてシマノを

蹴落とす為、と考えます。

実際、SRAMはシマノに先んじて無線変速

機構を開発、ギア数も12速をいち早く投入

しました。シマノがモタモタしている間に

無線変速機構をハイエンドからミドル

グレードにまで広げ、新規ユーザーを取り

込みにかかっています。

唯一の泣き所は販売店の少なさと価格の

高さですが、品質が良ければ多少高くても

気にしないロードバイク乗りにとっては

乗り換える事にやぶさかではありません。

おわりに

コロナ禍のなか、健康維持のためシマノは

過去最大の増収増益となった、と報道され

ましたが、SRAMの動きはシマノ一強を

崩すきっかけになるかもしれません。

さしあたりシマノが次期デュラエースに

どれだけの新技術をつぎ込んでくるか、

互換性をどれだけ維持できるか、それに

よりロードバイク界の勢力図が激変する

かもしれません。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5