ロードバイクのある生活

【ロードバイク】SRAMがスルーアクスル型のバッテリーを作る?アメリカ特許情報【電動コンポ】

シマノがミドルグレードの「105」を

Di2シリーズに加える等、コンポーネント

の電子化はどんどん進行しています。

それらの機器に電力を供給する方法は、

各社それぞれ違います。

シマノやカンパニョーロは、スティック

タイプのバッテリーをフレームに内蔵、

スラムはフロント、リア各ディレイラーに

バッテリーを取りつけるようになっています。

今回、スラムがアクスル(車軸)内に

バッテリーを内蔵する方法を出願していた

ようです。

バッテリーをアクスルに内蔵するメリットは

  • 衝撃でバッテリー、もしくはバッテリー接合部が破損するのを防ぐ
  • 外付けバッテリーより水や埃が浸入しにくい
  • 充電の際にバッテリーを取りはずす手間がない

SRAMが2021年12月に出願した画像によると、

スルーアクスル内にバッテリー回路を搭載

されており、スルーアクスルの端に端子が

あります。

端子部にSRAMeTapのバッテリーに

接続するパーツをはめ込めるように

なっていて、ディレイラーに取り付ける

事で通常のバッテリーより長く稼働が

できるようになるようです。

スルーアクスル型のバッテリーには

もう一つタイプがあり、専用ディレイラー

ハンガー内に通電ワイヤーがあり、

スルーアクスルと接触する事で、

ディレイラーへの電力供給が可能に

なり、充電方法はUSB-Cを介する事で

行うようです。

おわりに

実際にこれらの製品が登場するかは

まだ未知数です。他のメーカーに先んじて

特許を取得しておこう、という考えかも

しれません。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5