ロードバイクのある生活

【ロードバイク】紫外線や虫、埃から目を守るサングラスの種類と選び方【初心者】

照りつける紫外線や飛んでくる虫や

埃から目を守るサングラス。

ロードバイクで走る時に、どんな

サングラスを選んだらいいか、を

解説します。

見た目で決めてもOK。だけど試着は必須。

色々な種類のサングラスがありますが

見た目で決めてしまってもOKです。

サングラスの種類はフレームの形に

よって差があります。

  • 通常のメガネタイプ
  • レンズ部分が大きいゴーグルタイプ

オーソドックスで見た目もカッコいいメガネタイプ

メガネタイプはフレームがレンズを

守るように作られており、頑丈で、

デザインも保守的なものが多く、

奇をてらわない見た目なので、

万人に合うサングラスと言えます。

大きいレンズでフレームが視界を妨げないゴーグルタイプ

メガネタイプはレンズを囲うフレームが

視界に入ってしまい、気になるな、と

いう方にはレンズが大きく視界を妨げない

ゴーグルタイプがオススメ。

ロードレースのプロ選手の多くもゴーグル

タイプのサングラスを使用しています。

ゴーグルタイプには、フレームレスの

タイプも存在し、軽さと視界の広さを

両立していますが、耐久性には劣ります。

サングラスのレンズは2種類持つのが吉

偏光レンズの他にクリアや透明度の高い

レンズを準備しておくと、天気に応じて

クリアな視界を保てます。

偏光レンズは直射日光の眩しさもかなり

軽減できますし、何よりカッコいいです。

しかし曇りがちの天気、日が暮れる時間

まで走るのが最初から分かっているなら

透明度の高いレンズに交換するべきです。

偏光レンズのまま日光があまりない中

走ると、細かい路面状況が分からない、

前方が見えにくく、歩行者や車、前を

走っている人との車間距離がつかみにくい

などのデメリットがあります。

いきなり通販で安く買わず、専門店でフィッティングしてもらう

通販だと安く購入できますが、

フィッティングが出来ないので、

自分の顔にフィットしているか、

レンズの大きさと顔のバランスが

合っているかわからず、安物買いの

銭失いになりかねません。

もともと多くのスポーツ用サングラスの

メーカーは外国の為、西洋人の骨格に

あわせて設計されているものがほとんど

です。鼻の高さや顔の広さが西洋人と

東洋人では違うので、日本人がかけると

顔にフィットしにくくズレや強い締め付けの

原因になります。

(西洋人から見た東洋人のイメージ)

近年は海外メーカーもアジア市場に対応

するため、アジアンフィットモデルを

発売しています。顔のカーブや幅、

鼻の形状などアジア人の骨格をベースに

設計されているので、顔にしっかりと

フィット。かけ心地が良く、長時間でも

快適に使えます。またサングラス自体に

人の顔に合わせてかけ具合を調節できる

機能がついていたり、様々なサイズの

ノーズパッドが付属しているので、

ある程度自分でもフィッティングが可能に

なっています。

おわりに

【日焼け】紫外線はパフォーマンスを低下させ百害あって一利なし【ロードバイク】

これからの季節、外を走る時に問題に なるのが、紫外線です。 紫外線は様々な影響を人体に与えます。 それを知る事で、より快適に外を走る 事ができます。 目次1 紫外線には3種類あるがなじみ深いものは2種 ...

続きを見る

紫外線に長い時間さらされると、皮膚や

目に深刻なダメージを与えます。

できるだけ紫外線を防ぐ方法をとって、

楽しいライドにしましょう!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5