ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ローラー練習後にキンキンに冷えたビール・・ではなく炭酸水を!【ドリンクメイト】

ローラー練習したあとのビールは最高!

ですが、カロリーや翌日の二日酔い、

痛風が心配・・という方に、炭酸水を

おススメします。ただ、ペットボトル

だと、一回栓を抜いたら気が抜けて

次の日にはただの水になっている事も。

だから、炭酸水は飲む分だけ作りましょう

炭酸水メーカーで!

ドリンクメイト シリーズ620

炭酸水メーカーのドリンクメイト

シリーズ620です。

炭酸水メーカーはこのほかに

ソーダストリームがありますが、

ドリンクメイトは炭酸水以外にも

市販のジュースに炭酸を入れる事が

できるので、子供がいる家庭は、

ドリンクメイトの方がいいです。

ドリンクメイト シリーズ620の

ドリンクメイト シリーズ620の特徴は以下の通り。

  • 電源いらずで屋内外問わず使える
  • ボトルが850mlと580mlあり、使用頻度で選べる
  • 炭酸の量を設定でき、ボタンを押すだけで簡単に作れる
  • 炭酸ガスの容量が60リットル用と124リットル用の両方使用できる
  • 使い終わった後はインフューザー(ガスが出るところ)を簡単に水洗いできる

電源が必要ないので置く場所を選ばない

のが地味に便利です。他の家電と電源を

取り合う事なく使えます。

ボトルは850mlの物が付属しますが、

1回で飲む量だけ作りたい、作り置きは

しない、というなら580mlのボトルは

便利です。冷蔵庫内の場所も取りません。

炭酸量はダイヤルで4段階に調整が可能で

ボタンを下まで押し込めばその分だけの

炭酸が注入されるので炭酸の入れすぎを

心配する事がないです。1回ボタンを

押し込んだ後は、フリーモードになる

ので、もう少し炭酸を足したいな、と

いう場合は微調整ができます。

炭酸ガスのボンベは60リットル用と

124リットル用の2種類使えます。

これから炭酸水の需要が増える夏場は

ボンベが大きい方が1リットルあたりの

コストも低くなります。

メンテナンスも水、もしくは中性洗剤で

簡単に洗う事ができます。

ドリンクメイト シリーズ620の一工夫必要なところ

炭酸を注入した直後は、見た目の

変化があまりわかりません。

「あれ?ちゃんと入ったかな?」と

不安になって、何度もボタンを押して

しまいがちです。

注意点は以下の通りです。

  • 炭酸を入れる飲料はなるべく冷やしておく
  • ボトルをゆっくり振って炭酸を溶かし込む

炭酸を入れたい飲料(水やジュース等)は

あらかじめ冷蔵庫で冷やしておきましょう。

5度前後が炭酸が溶けやすい温度です。

使い終わったボンベは購入先の

お店に持って行く必要があります。

(公式オンラインショップより転載)

カラになったボンベと引き換えに

交換用のボンベを販売しています。

炭酸ガスボンベはかなりの強度で

作られており、通常のゴミ処理が

できないとの事です。

最初に予備用ボンベを購入、それを

使い終わったら、販売店にカラの

ボンベを持って行き交換用を購入

する流れです。

おわりに

私はビールが好き、というか炭酸が

好きなので、気の抜けていない炭酸水が

好きな時に飲めるならビールがなくても

いいかな・・と思っています。

124リットル用のボンベを使えば、

1リットル25円で炭酸水を作れるので、

お財布にも優しいです。

皆様も検討してはどうでしょうか?

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5