ロードバイクのある生活

【ロードバイク】万が一の盗難、破損でも安心!車両・盗難保険「すぽくる」【保険】

ロードバイクを持っていて、心配の種は

盗難と事故による破損です。ママチャリ

とは購入金額のケタが違うので、盗まれ

たり、破損して乗れなくなると立ち直れ

なくなります。

ママチャリは「ちょっとそこまで」といった

足代わりに盗まれ、使われた後は放置される

事が多く、見つかる可能性は高いですが、

ロードバイクはパーツそれぞれの単価が

高く簡単にバラバラにでき、オークション

などに出品しても足がつきにくいので、転売

目的の窃盗グループに狙われやすく、戻って

くる確率はママチャリより低いです。

(HPより転載)

自転車特捜24時という自転車盗難専用の

データベースまであり、盗まれた人達が

登録して情報提供を求めています。運良く

見つかった、との書き込みもありますが

パーツを取られボロボロの状態が多いよう

です。また最初のうちはロードバイクの

速度域に慣れず道路を走っている時に

カーブで滑って転倒、止まりきれず

木やガードレールに接触など、破損の

リスクは多くあります。

au損保のスポーツサイクル専用 車両・盗難保険「すぽくる」

ロードバイクの普及に伴い、これらの問題が

多くなった事から、au損保が自転車専門の

保険を作りました。この保険に加入すれば

ロードバイクのメーカーや年式、購入時期

問わず、条件が揃えば購入金額の全額を

補償してくれます。

補償の対象となる条件は以下の通り

  • 購入金額が10万円(税込)以上である事。サイクルコンピューターやライトなど後付けのパーツも対象
  • 購入が証明できる書類(レシート等)がある事

以上の条件を満たしていれば、メーカー、

新車、中古車問わずいつでも加入できます。

保険料は購入金額で変わってきます。

  • 10万円以上15万円未満:3,300円/年
  • 15万円以上50万円未満:4,950円/年
  • 50万円以上〜:16,500円/年

1年契約で解約の申し出がなければ自動更新

となります。

補償金額はロードバイクの破損状況で判断

  • 全損(購入金額100%補償):修理が不可能、もしくは修理費が保険金額の80%を超える
  • 半損(購入金額50%補償):修理費が保険金額の50%を超え80%以内
  • 補償を受けるには交通事故証明書が必要。単独事故でも警察に届け出れば貰える
  • 地震や津波などの天災による破損は対象外

交通事故証明書は私有地(駐車場など)の事故

では発行されないので注意が必要です。

盗難時は100%補償ですが、条件あり。

次に盗難時の補償についてです。

  • 盗難が発覚した後、所轄の警察署に速やかに被害届を提出して受理される

ただし、盗難特約は、全損特約、半損特約と

あわせて付帯する必要があります。

(盗難単独では付帯できません。)

申し込みには自転車防犯登録カード、売買契約書が必要

(HPより転載)

自転車防犯登録は委託された自転車販売店

で行えます。

また売買契約書は車両価格、パーツ類の

購入金額が確認できるものです。

au損保のHPにQ&Aが記載されています

のでより詳しく知りたい方はこちらから。

おわりに

1年契約でも毎月換算で約1,400円と

外食を1回我慢するだけで、盗難や

破損の補償が受けられるなら、安心

ではないでしょうか。これから

ロードバイクを購入しようとしている

人や、すでに手に入れている人も

ぜひご検討ください!

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5