ロードバイクのある生活

【ロードバイク】実走中心のトレーニングだと骨密度が一般人より下がるらしい。瞬発系のトレーニングを取り入れよう【プライオメトリックス】

プロの自転車選手や練習により時間を割く

ガチ自転車乗りは一般人に比べて骨密度が

低い事が研究結果で分かるとの事です。

体重が軽いのが有利なクライマーや万能型のオールラウンダーが特に骨密度が低いとの事。

その理由は、体重を支える事で骨が丈夫に

なるところ、サドルやハンドルで体重を

支える事で立っている時に比べて骨に

負荷がかかりにくい、他のスポーツに

比べて長い回復時間が必要な事が関連

しているとの事。

骨密度(BMD)を維持する最善の方法は

歩く、走る、跳ぶなどの体重を支える

動作である、という根拠がもとになって

います。その為、体重を低く抑えることで

パフォーマンスの優位性を得る事ができる

クライマーやオールラウンダーは、体重が

少ないことで骨への負荷が減少し、さらに

深刻になる可能性があります。 

プライオメトリックス運動とレジスタンス運動が効果的

プライオメトリックス運動とは、瞬発力を

高めるためのトレーニングです。

アンクルホップ、ボックスジャンプ、

メディシンボールスローなどが一般的な

プライオメトリックス運動です。

レジスタンス運動は、スクワットや

腕立て伏せ・ダンベル体操などの標的とする

筋肉に抵抗(レジスタンス)をかける動作を

繰り返し行う運動です。10-15回程度の回数を

反復し、それを1-3セット無理のない範囲で

行うことが勧められます。

レジスタンス運動にはダンベルやマシン等の

器具を用いて行う方法と、スクワットや

腕立て伏せの様に自重を利用して行う方法が

あります。レジスタンス運動を行った後は

十分な回復の時間が必要です。

自転車以外のスポーツを行うのもアリ

自転車以外のスポーツで、体に不意な衝撃の

かかる瞬発系のスポーツをするのもオススメ

との事です。サッカーやテニスが当てはまり

ますが、骨が丈夫になるものの、筋肉痛や、

最悪肉離れを負う恐れもあるので、準備

運動などをしっかりしてから行うのが

いいでしょう。

おわりに

ロードバイクは下りでは自動車なみに

スピードが出ますが、着ているのは

うすうすのジャージとレーパンなので

コケると骨折や重度の擦過傷を負う

恐れが非常に高いです。

骨折のリスクを減らす為、骨を丈夫に

していく取り組みが大事との事です。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5