ロードバイクのある生活

【ロードバイク】UCIが感染予防ガイドラインを発表。レースは全部やる模様【2021シーズン】

UCIはワールドツアーおよびUCIが関わる

レースにおける最新のコロナウイルス

感染予防ガイドラインを発表しました。

2021年シーズンはガイドラインに基づき全レースの開催を予定

UCIはレース規模の縮小や中止を考えて

おらず、レースの完全性を維持する事に

引き続き重点を置いているようです。

そのためUCIはコロナウイルスのPCR

検査などの感染の有無の確認に力を

今以上に割くようです。

2021年末まで続くCOVID-19テスト要件とリスク軽減策の詳細。

アンケート
PCR
re-su

(UCI HPより転載の物を和訳)

この規則はレースの主催者やチームにも影響

を及ぼし、コロナウイルスの感染リスクが

高い地域で行われるイベントに対する要件が

厳しくなります。

  • 「レッドゾーン」(14日間で50〜150件/ 100,000人、陽性率が4%以上)
  • 「オレンジゾーン」(50未満で4%以上陽性、または25〜50で4%未満)

上のような地域はUCIは主催者がチームや

関係者と観客間の接触を制限することを

推奨しています。また更新された規則は、

上記2つのゾーンではホテルなどの場所

でのチームと現地住人との接触もできる

だけ控えるよう推奨しています。

(2020年のジロ・デ・イタリアで、

サイモン・イェーツがコロナウイルス陽性

となったのはシチリア島のホテルの共同

ダイニングエリアに起因したとの見方が

ある)

おわりに

UCIは、チーム関係者と選手がマスクを

正しく着用して、ワクチン接種を受けた

後でもPCR検査を継続することを求めて

います(チームエミレーツは既にワクチン

接種を済ませている)

UCIがこのようなガイドラインを出した事

で、日本でのレースでも同じような対応

を行って大会が開催される事が予想され

ます。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5