ロードバイクのある生活

【ロードバイク】UCIがツール直前にコロナウイルス感染に対する規則を更新【離脱回避】

ツール・ド・フランス開幕直前の6月28日に

UCIは「コロナウイルスの大流行に伴う

自転車競技の開催に関する規則」を更新

しています。

ヨーロッパではコロナ対策が徐々に緩和

されはいるものの、依然として選手や

スタッフに感染が広がっており、レース

中の感染により選手やチーム自体が撤退

するケースが相次いでいました。

変更点は以下の通り。

・必ず行わなければならない措置

レース開始の2日前に、チームの全メンバー(選手およびスタッフ)に対し、少なくとも1回の抗原検査陰性を提示すること。

大会の休息日(移動日を除く)には、全チームメンバー(選手およびスタッフ)、コミッセール(国際および国内)、UCI技術代表、アンチドーピング・コントロール担当者のCovid-19抗原検査を実施すること。

チーム内でコロナ陽性者が確認された場合(ライダーであれスタッフであれ)、当該症例を隔離する可能性を決定することは、利用可能な臨床的要素に基づき、当該チームドクター、大会のCovid-19ドクター及びUCIメディカルディレクターが一括して行うものとする。

・実施を強く推奨する措置

レース前の5日間、チームとプロトンのバブル(選手やスタッフを外部と接触させないようにする方法)形成に不可欠なウイルス感染の有無を確認するため、チームメンバー全員(選手とスタッフ)を対象に毎日抗原検査を実施すること。

レース期間中、できれば毎日、少なくとも2〜3日おきに、チームメンバー(選手を除く)、コミッセール(国際および国内)、UCI技術代表、アンチドーピング・コントロール担当者に対する抗原検査を行うこと。

・今回の変更により廃止された措置

「7日以内にPCR検査で2名以上の選手が陽性となった場合、主催者はそのチームをレースから除外することができる」

PCR検査が必要かどうか、医師は以下の

問診票を使用して判断するとの事。

38度以上の発熱 4点 7点以上→感染の可能性が高くPCR検査が必要
咳、呼吸困難 4点 4~6点→状況に応じてPCR検査
異常なだるさ 4点 3点以下→感染の可能性は低い
味覚障害 3点  
鼻づまりやのどの痛み 2点  
嘔吐・下痢・ 2点  
ひどい筋肉痛 2点  
ひどい頭痛 1点  

より厳しい感染対策を行う事で、

コロナ陽性者が出たチームが主催者側から

除外される、という措置が廃止されました。

ツール・ド・フランスのような世界規模の

大会でチームごと撤退されれば収入面での

打撃は計り知れない程の損失が予想される

ので、万が一感染が発覚しても選手や

スタッフだけでなく主催者も守る為の

緩和と言えるでしょう。

おわりに

これから長いレースが始まります。

選手やスタッフの方々にはコロナに

負けずにツールを完走して欲しいです。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5