ロードバイクのある生活

【ロードバイク】腰の痛みに気をつけろ!普段からの動きにも注意が必要【腰痛】

ロードバイクに乗り始めは体が

出来ていないので、あちこちが

痛くなります。特に体を支える

腕と肩、腰の痛みは、日常生活や

仕事にも影響を及ぼします。

今回はその中でも腰に焦点をあてて

みたいと思います。

腰痛の85%は原因がはっきりしない

腰痛と一言でいっても、原因がはっきり

しているのは15%にすぎません。

腰椎圧迫骨折や脊柱管狭窄症、腰椎椎間板

ヘルニアなど、レントゲンやMRIではっきり

病変がわかるものです。

数年前の私の背骨のMRIです。

この時は椎間板変性症という

病名がつきました。椎間板ヘルニア

一歩手前です。

残りの85%の腰痛はレントゲンでも

MRIでもはっきり病変が分からず、

「とりあえず湿布と痛み止め出して

おきますね~」と対処療法での治療

を勧められます。

レントゲンやMRIに写らないのは、

骨や神経の異常ではなく、筋肉の

損傷が原因だからです。

これを筋・筋膜性腰痛といいます。

筋・筋膜性腰痛は腰の筋膜や筋肉の損傷による腰痛の一種

腰は5個の骨の積み重ねで、上の

MRI画像にL1~L5まである骨が

当てはまります。骨と骨との間には

椎間板があり、骨同士の衝撃を和らげて

います。腹筋と背筋も腰や背中を囲む

ようにして体を支えています。

筋・筋膜性腰痛はスポーツ中の無理な

体勢(屈伸、回旋、衝撃)によって

背筋に過剰な負担がかかる場合に発症

すると言われてます。中腰の姿勢から

腰にひねりを加えたり、急に腰を伸ばし

たり屈めたりすると発症します。

また前傾姿勢の保持なども腰痛の原因と

なります。

急性の筋膜や筋肉損傷はいわゆる肉ばなれ

です。腰椎捻挫(いわゆるぎっくり腰)も

ほぼ同じ意味合いです。

腰が痛くなったら、まず安静、アイシング

急性期は身動きも困難なことが多いので、

第一に安静、第二にアイシングをしましょう。

ただし、長い安静は筋力や柔軟性の低下、

モチベーションの低下につながるので

強い痛みがなくなったら、ストレッチなど

軽めの運動から始め、湿布や痛み止めを併用

して徐々に負荷を挙げていくといいでしょう。

普段からの腰の使い方にも注意!

重いものを持つときに、ついやってしまう

動きですが、重量物が股関節から直線で

離れた場所にあると、腰椎にかなりの

負担がかかるのがわかります。

スクワットの要領で持ち上げるのが

いいようです。

おわりに

腰の痛みは急な腰への負荷で起こる

ものと思われがちですが、普段からの

体の使い方でも、徐々に進行してくる

のが分かります。また、寒い時期は

筋肉もこわばりがちです。

動くときはしっかりストレッチなどで

ほぐして行きましょう!

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5