ロードバイクのある生活

【ロードバイク】Zwiftでアレも花粉も心配ないライド!【始め方】

まずはサイトにアクセスしよう。

必要なのはロードバイク、ローラー、Zwiftが

インストールされたデバイスです。

初めての人は無料トライアルが7日間有効。

7日を過ぎると1,650円の月額料金を

払わないとプレイできなくなります。

アカウントを作成してダウンロードしよう

アカウント作成画面で、必要な情報を

入力してアカウントを入手します。

ダウンロード画面でインストールする

デバイスを選択します。Iphoneの場合は

App Storeでもダウンロードできます。

なおWindowsはWindows7(64bit以上

MacはMacOs10.9以上が必須です。

Zwiftを立ち上げよう

ダウンロードしたファイルをインストール

して作成したロゴをダブルクリックします

「はじめましょう」をクリックします

各種センサーを認識させよう

Windows PCと接続する場合は

ANT+ドングル」という機器を使用する

必要があります。 「ANT+ドングル」 は

USBでPCに接続します。接続が認識

されれば、各種センサーの電波を広い

数値がZwiftに反映されます。

macやIphoneはBluetoothで接続されますが

macに限り「ANT+ドングル」にも対応

しています。

より実走感を楽しむための機能

上の画面では「スマートトレーナー」が

接続されています。これはZwift内で負荷を

自動的に調整して疑似的に坂道や前のライダー

の後ろで空気抵抗を抑えるドラフティングを

再現して実走に近いライドを楽しむため

の機能がついたローラー台の事です。

自前のgrowtac GT-ROLLERQ1.1のスマートトレーナー「GT-eBOX」「GT-epower-Q

もとから内蔵されているものから後付けで

取り付けられるローラーもあります。

より快適にZwiftを楽しむために

室内は外と違い、風で汗が蒸発する事がありません。

そのため、10分もローラー練習をすれば汗だくに

なります。頭からしたたり落ちた汗が目に入れば

目がしみて練習に集中できません。それを防ぐために

扇風機が必要になります。普通の扇風機では風量が

足りないので、工場で使う大型の扇風機を使う人が

多いです。

おわりに

純粋に速さを求める練習ならZwiftでも十分

です。プロやトップアマ選手も練習に

Zwiftを取り入れています。ただし実際の

レースのような駆け引きや走行ルートを

守って走る等のテクニックは実際に

走らないと身につかないのも確かです。

どちらもバランスをとって行うのがいい

でしょう。

ありがとうございました!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5