ロードバイクのある生活

【重要】スピードプレイのメンテナンスは国産ベアリング でコスト削減

スピードプレイ導入時に国産ベアリング に交換してノントラブル+回転滑らかを継続中。

モノタロウで同サイズの日本製ベアリングが入手できる

スピードプレイにはベアリング が3つ使用

されています。シールドベアリング2個、

DDL-ZZ1360)(DDL-ZZ1370

ニードルベアリング1個(HK-1010D

ですが、いずれも同サイズの日本製の

ベアリングが入手可能です。

ニードルベアリング。

交換にはひと手間かかる

交換の手順は以下のとおり。

①グリスアップ穴のプラスネジを外し

とがったものでふたをこじって取る。

②星形のネジ(トルクスネジT20)を外す

(写真は外したあと)

初めて外す時はねじ止め剤のせいでかなり

固い場合があります。その時はハンダごて

があればネジを熱して外す方法もあります。

③ペダルシャフトからペダルを抜く

④C型のリング(スナップリング)を外す

専用工具(スナップリングプライヤー)が

あれば簡単に外れます。

⑤シールドベアリングを抜く。車体側の穴から

アーレンキーを入れてコンコンすると取り外す

事ができます。

⑥車体側のニードルベアリングを押さえている

Cリングを外す。

これが一番の難関です。

千枚通しや名札のピンなど、とがっていて細い

金属を2個使用して片側を動かない様に押さえ

つつ、反対側を溝から外す感じでいけます。

Cリングが外れた瞬間に押さえから解放され

飛んでいく可能性があるので注意が必要です。

万が一なくしても車体側ですし、②のネジで

ペダルは抜けないようになっているので

大丈夫です。

⑦ニードルベアリングを抜く。

シールドベアリングを抜いた穴から棒などを

入れてコンコンすると外れます。

交換後は逆の手順で組付けます。この時に

ベアリングの外周にグリスを薄く塗っておくと

滑りがよくなりすんなり入ります。

シールドベアリングは内径が違うので、入れる前に順番を確認しましょう

グリスアップよりベアリング交換したほうが得

シールドベアリングは金属のふたで覆われて

いるので、グリスアップするよりは定期的に

交換したほうがいいです。

おわりに

スピードプレイはシマノ製ビンディングペダル

と違い、自分でメンテナンスする部分が多い

です。いきなり初めからスピードプレイを

使うのはハードルが高いかもしれません。

普段から使っている人にメンテナンス方法を

聞いてからでも遅くないですよ。

ありがとうございました!

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5