移住生活のススメ

十和田市に移住する人が知っておくべき事【4つ】

退職後は十和田市に移住を考えている。けれど行政の情報だけでは移住後の事はよく分からない・・。詳しい情報を知りたいな。という方へ。

青森県といえば雪だが、十和田市はそこまでヒドくない。

都市圏の人の青森県のイメージは

映画「八甲田山」の豪雪シーンでは

ないでしょうか。

青森県には確かに雪が多い地域が

多いですが、十和田市はそこまで

雪は降りません。

十和田市統計資料より転載

上記の資料のように、1日最大の積雪量も

平均20cmほどです。ホームセンターで

売っている雪かき用のスコップがあれば

雪かきは1時間弱で終わります。

主要道路は早朝に除雪されるため、

車の走行にも不具合はないです。

ただし除雪した雪は側道に残るので

道路が狭くなり、車のすれ違いには

注意が必要です。また、雪がなくても

気温は低くなるので、路面の凍結の方が

危険です。特に早朝と夕方以降は路面の

凍結部分が見えにくくなるので、赤信号で

止まろうとして滑って事故る危険があります。

購入するなら降雪や未舗装路を考慮して4WDの中古車。

十和田市内は平坦で坂道がほとんどないので

電動自転車があれば車に乗る必要もなく楽に

移動できます。

ただし、ペットを飼おうとしている人、

もしくはペットと一緒に移住したい方、

十和田市内にはペットショップがありません。

エサなども郊外のホームセンターまで行かないと

ダメですが持ち運びは大変なので、車が必要に

なります。車種や年式より、4WD車を

選びましょう。理由は以下の通り。

  1. 降雪時や路面凍結時の信号待ちからの発進が安定する。
  2. 林道や農道、未舗装路での走行が安定する。

中古車であれば4WD車も手ごろな値段で購入が

できます。

病院は多いが、診療科の偏りあり。

十和田市には病院が60か所あります。

その中で入院可能な総合病院は3か所あり、

そのうち救急搬送受入れ可能なのは

2か所です。手に負えないときはドクター

ヘリで市外の中核病院へ搬送されます。

市内に一番多いのは内科で次いで歯科です。

少ないのが産科(入院、出産可能な病院)で

1か所、メンタルヘルス科と皮膚科、眼科、

循環器科は3か所です。専門の開業医が少なく、

総合病院へ受診が集中しており、待ち時間が

かなり長いのが問題です。透析可能な病院は

4か所あります。

保育園・認定こども園は30か所あり。

十和田市内に0歳から預けられる認可保育園、

認定こども園、小規模保育施設が計30か所

あります。そのほか、病児、病後児保育施設が

病院内に1か所設置されています。

0歳から中学3年生まで児童手当が支給されます

(4か月に1回)

また幼児教育、保育の無償化により、

3~5歳のすべての児童は保育料が無償化されます。

詳しくは十和田市のHPを参照。

まずは現地の空気を体験してみてください。

移住の助成金のワナ

上記の記事でも説明していますが、いきなりの

移住はリスクが高いです。移住予定地に近い

場所にアパートを借りるなどして1~2か月は

その土地の環境を実体験してみるべきです。

レオパレスの賃貸物件なら短期プランで

利用料最大50%off中です。十和田市の物件も

対象です。

腰を据えてじっくり物件を探したい、という

方は賃貸物件に住所を移さずに入居する方法

もあります。

[affi id=4]

また[affi id=3]を借りればお試し移住時の移動、

十和田市の観光名所を巡るのにも便利です。

皆様が検討する移住の手助けに少しでも役立てれば

幸いです。

ありがとうございました!

-移住生活のススメ
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5