ロードバイクのある生活

【ロードバイク】2021年モデルの値上げ情報。それを踏まえた今後の展開について【買うなら2022年モデル】

海外のロードバイク情報サイトのroad.cc

一部メーカーが2021年モデルを最大12%

値上げする、と報じています。

ここでroad.ccの記事を引用してその内容を

日本語にしてみます。

Specialized, Giant and Canyon have increased prices on the majority of their 2021 bikes, with Specialized citing difficulties and increased costs within its supply chain. The move results in a jump in prices of up to 12% and affects both road and mountain bikes.

スペシャライズドとキャニオン、ジャイアントが

ロードバイク、マウンテンバイクの2021年モデル

を最大12%値上げする、との事です。

Cast your mind back to February of this year when the Coronavirus outbreak was becoming a global pandemic. We reported on early fears that the closure of factories in China and their strict quarantine rules would have huge knock-on consequences for the bike industry.

Added to this is the fact that, in England at least, the first national lockdown saw cycling increase in popularity thanks to a combination of quiet roads, the desire of many to stay off public transport, and some good weather.

その理由としてコロナウイルスにより

フレームを製造しているアジアの工場が

閉鎖された事、3密回避で自転車通勤が

増え、自転車の需要が急激に伸びた事が

挙げられています。

そのためヨーロッパ、今回はイギリスの

小売店がスペシャライズド、ジャイアント

の一部モデルが最大12%、通販のみの

キャニオンもHP上の価格が最大10%値上げ

されているとの事です。

“We’ve seen incredible growth in the demand for bikes over the last few months. The Covid-19 pandemic has truly sparked the cycling revolution. Whilst this is great for our sport, it has led to some challenges in meeting this increased demand. Our entire supply chain is facing unprecedented difficulties, leading to more complexity and increased costs. We are also investing heavily to increase production and maintain stability. This has led to adjustments to some prices as we set ourselves up to better meet the needs of more riders.

スペシャライズドUKのマーケティング

ディレクターは「コロナウイルスにより

自転車の需要が驚異的に伸び、その要望に

答えるために生産量の増大、品質管理向上

への投資が必要になった。また、手順の

複雑さが増しコストも比例して増えた」

「より多くのライダーのニーズを満たす

ために今回の値上げに踏み切った」と

取材に答えています。

スペシャライズドUKの価格変更

(太字が変更後の価格)

1£(ポンド)=約136円

Aethos
S-Works Founders Edition £13,000 - 変更なし
S-Works Dura-Ace Di2 £10,750 - £11,750
S-Works SRAM Red eTap £10,750 - £12,000
Pro and Expert models - 変更なし
S-Works Frameset £3,750 - £4,250

最軽量バイクとしてデビューした

Aethosは約10%値上げ

Tarmac
S-Works SL7 Red eTap AXS £10,500 - £11,750
S-Works SL7 Dura-Ace Di2 £10,500 - £11,500
SL7 Pro SRAM Force eTap AXS 1x £6,500 - £7,250
SL7 Pro Ultegra Di2 £6,250 - £7,000
SL7 Expert Ultegra Di2 £4,750 - £5,250
SL7 Expert £4,750 - £5,250
SL7 FACT 12r Frameset £3,750 - £4,250

ターマックは全グレード値上げで

最大12%値上げ。

Roubaix
S-Works Sagan Dura-Ace Di2 £11,000 - £11,500
S-Works Red eTap £10,500 - £11,200
Pro Force eTap £6,600 - £7,000
Expert Ultegra Di2 £4,750 - £5,000
Comp £3,500 - £3,700
Sport £2,750 - £2,900
S-Works Frameset £3,700

エンデュランスモデルのルーベは

5%前後の値上げにとどまる。

Allez
Sprint Comp Disc £1,999 - £2,200
Elite £1,199 - £1,249
Sport £949 - £999
Allez £725 - £799
Sprint Disc Frameset Sagan - £1,349
Sprint Frameset - £1,349
Sprint Disc Frameset - £1,349

アルミモデルのアレーは

約10%値上げ。

Turbo Creo SL
S-Works £11,000 - £11,500
Expert £7,500
E5 Comp - £4,000

Eバイクは最上級モデルのみ

5%値上げ。

やはり人気のターマックの値上げ幅が

大きくなっています。

ジャイアントはオールラウンドモデルの

TCRグレードをすべて値上げしています。

キャニオンはエアロロードのAEROAD

のSLグレードとCFRモデルが値上げ、

オールラウンドモデルのULTIMATEは

最軽量モデルCFRのみ10%値上げして

います。

購入するならやはり2022年モデルか!?

他の主要メーカー(トレック、メリダ

キャノンデール)は値上げの正式な

発表をしていませんが、おそらく追随

すると思われます。しかし個人的な

考えとしては2021年モデルは購入を

見合わせるべきと考えます。

理由は以前のブログ記事にも書いた

UCIのフレーム規定の改正が2021年に

発効するためです。

【ロードバイク】UCI規定のリーク内容はフレーム買うなら2022年まで待つべきと言っている【貯金】

世界の自転車競技を統括するUCI(国際自転車 競技連合)の機材に関するルール改定について 内部からのリークが話題になっています。 改定の時期とされているのは2021年度で、 フレームの形状にも影響を及 ...

続きを見る

土壇場で「やっぱりやーめた!」とか

「ガセネタでした!」とならなければ

今までのフレーム形状が過去の物に

なる可能性があるので、買うなら

新しいモノを・・と考えてしまいます。

もしかしたら今回の値上げもコロナを

ダシにした新しいフレームを作る為の

設備投資にまわすのではないか・・?

と勘ぐってしまいます。

今後の動きを注視していきたいです。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5