ロードバイクでの事故対応

【事故は】 事故直後にやる事 【初めが肝心】

事故直後に何をすればいい?

自力で動ける場合はまず現状の保存です。後続からの衝突などの危険がある場合を除き、ロードバイクも動かさず、衝突部や車のナンバーが写る様にスマホなどで撮影を行い、その後に警察に連絡しましょう。自分で動けない場合は他の通行人や加害者に自分のスマホを渡して撮影してもらい、必ず確認しましょう。

警察が来てから加害者と被害者から警察官がそれぞれ事情を聴くのですが、気が動転し数分前の事もうまく話せない可能性があります(自分もそうでした)。事情聴取が終わったら加害者の連絡先を聞いておきましょう。

これは事故後に現場に戻り撮影している。

人身事故扱い、絶対。

ケガの程度が重い場合は救急搬送になりますが、この場合は自動的に人身事故扱いとなります。

自分で動く事ができる軽傷の場合は必ず警察官に「人身事故扱いにしてほしい」と伝えてください。

物損扱いにした後で体に異常が出た場合も診断書を警察署にもっていき変更は可能ですが手続きが面倒なので、これは必ず伝えましょう。

ロードバイクが自走不可能の場合は信頼できる人に預けるか、何が何でも自分で持ち帰ることをお勧めします(たいていのロードバイク乗りはその場に置き去りにはしないと思いますし、赤の他人に任せることも良しとしないと思います)

-ロードバイクでの事故対応
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5