ロードバイクのある生活

【ロードバイク】バーテープの選び方は見た目1番、握りやすさ2番【色相環】

ロードバイクのハンドルに巻くバーテープは

値段がかなりバラバラだけど、何が違うの?

どういった基準で選べばいいのかな?

バーテープは滑り止めや路面からの振動吸収の役割がある

ロードバイクのハンドルは金属やカーボンなど

様々な材質で作られています。表面はツルツル

しており、素手で掴むとグリップが効きません。

特に雨や汗で手が濡れると余計に滑りやすくなり

ゴール前のスプリントでハンドルを左右に振って

のモガキあいで手が滑ってとても危険です。

また路面の振動がハンドルから直に手に伝わる

ので長距離を走るほど、手が痺れやすくなり

ます。バーテープはそれらを防止する役割が

あるのです。

材質は大まかに分けて7種類ある

  • コルク:手触りがよく、衝撃吸収性があるが、雨で濡れると劣化が早くなります。強く引っ張ると破れやすいので、巻くときには注意。EVA素材のコルク調バーテープ もある。
  • EVA素材:ポリエチレンよりも軽く、柔軟性と弾力性、耐久性を持ち強く引っ張っても千切れにくい。現在はこの素材が主流。
  • DSP素材:Dura Soft Polymer(デュラソフトポリマー)という素手で触ると手に吸い付くような感覚で、雨や汗で濡れてもグリップ力が落ちない。厚さも様々。
  • ポリウレタン:薄くて柔らかい触り心地の素材です。強度が高いので引っ張っても破れにくく、安心して巻くことができます。
  • コットン:綿素材でクッション性はないものの、グリップ力に優れる。引っ張っても破れにくいが巻き方にコツがあり、今はあまり使われていない。
  • 本革:使えば使うほど風合いが出る、握り心地が柔らかいなどの特徴があるが引っ張りに弱い事、水に弱く手入れを怠るとすぐダメになってしまう。他のテープに比べ高価。
  • ポリエチレン:合成樹脂の一種で、強度が高く、摩耗に強い素材。ポリウレタンと混合したタイプもある。

バーテープの厚さは振動吸収性に比例する

バーテープが厚ければ厚いほど路面からの

振動が腕に伝わらず、腕がしびれにくい

メリットがあります。ただし重量が増す、

握りが太くなるので、手の小さい人には

握りにくくなるデメリットがあります。

逆に薄いバーテープは振動吸収性には

劣るものの、軽量で握りやすいです。

バーテープの選び方は見た目1番、握りやすさ2番

バーテープはある意味ロードバイクの

一番目立つ場所を飾る事になります。

バーテープの色がロードバイクの

イメージを生かすことも殺す事にも

なります。

オススメは以下の通り

  • フレームの差し色と合わせる
  • シートポストの色と合わせる
  • サドルの色と合わせる

フレームの差し色と合わせる事で、

フレームの他の色との配色のバランスが

とれ、全体像がまとまって見えませんか?

次はサドルの色と合わせる事で、同じ色が

平行にならび、全体像がまとまって

見えます。

フレームが単色の場合、ロゴの色と

合わせてみてもいいでしょう。

「いや、自分はそんなありきたりでは

ない、デザインの裏付けがある色選び

がいい!」という方は「色相環」を

使用した色選びをオススメします。

次は握りやすさですが、オススメは

厚さが薄いバーテープです。

厚さが薄いと振動吸収性が悪くて

腕がしびれる、と解説しましたが、

それはグローブを着用する事で

ある程度解消できます。手の大きさに

ハンドル径が合わないほうが、手の

負担が大きいです。

実際使った(ている)オススメバーテープ

OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ [コットンタイプ] BT-02 ブラック

BT-02は優しい触り心地、手のひらにフィットする感触も抜群なコットンタイプ。雨や汗など水分にも強く、滑りにくいので通勤からツーリングまで幅広く使用することが可能です。

厚さも1.8mmと薄く、雨や汗で濡れても

滑らず、すぐ乾きます。色は4色と若干

少なめだが、白、黒、赤、青と基本の

色は押さえています。

デメリットを上げれば、バーテープを

貼り付けるための粘着テープの質が

悪く、バーテープ交換時にハンドルに

粘着テープが残ってしまいやすい点

です。

Fizik(フィジーク) Vento マイクロテックス タッキー(2mm厚) バーテープ

Vento(ヴェント)は究極のコントロール性と軽量性を備えた、レーサー向けにデザインされたバーテープです。microtex(マイクロテックス)はダイレクトなハンドリングとコントロール性を得る、最も厚みの薄いオプションです。Tackey(タッキー)仕上げは、あらゆる過酷な条件下で究極のグリップを発揮します。

終わりに

バーテープは路面からの振動吸収や

ハンドルを力強く握った時の滑り止め

ロードバイクを引き立てる役割をもって

います。

今後バーテープを交換する時に参考に

していただきたい思います。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5