ロードバイクのある生活

【ロードバイク】いいトコどり!のハイブリット型ローラーのオススメ【2種類】

ハイブリッド型ローラー台の登場

ハイブリッド型ローラー台とは、

固定ローラーの安定性と3本ローラーの

実走感が融合した新しいローラー台です。

特徴は後輪に3本ローラーと同じように

ローラーが2本、前輪はホイールを外して

フロントフォークを台に固定して使用する

ことです。

ハイブリット型ローラーのメリット

固定ローラー台は後輪をローラーの負荷

装置に押しつけ固定する必要がありますが

ハイブリッド型は3本ローラー台と同じく

2本のローラーを使用して乗る人の体重で

回すのでタイヤを押しつけて固定する必要が

なく、タイヤやフレームにもやさしく、

騒音も少ない、というメリットがあります。

前輪は外して、フロントフォークを

ローラー台に固定します。オプション

パーツを使用する事でリムブレーキ、

ディスクブレーキ両方に対応可能となって

います。固定部の高さが変えられる製品も

あり、擬似的に上り坂を再現する事ができ

ます。

負荷装置を電子制御式に変更する事で

スマートトレーナー化も簡単にできます。

今後はハイブリット型が主流になると

思われます。

グロータック  GT-Roller F3.2

グロータック  GT-Roller F3.2 (12クイックリリース/15mmスルーアクスル対応)

  • 「自転車との一体感の再現」をコンセプトに開発されたフォーク固定型のローラー台。 固定部分の「Motion Controller 3」がペダリングに合わせて前後左右に揺れるため、安全ながらも豊かな実走感を再現します。
  • MotionController3が動くことにより、フレームを完全に固定しないため、ダンシングが可能。自転車を振ってもフレームを痛めることはありません。
  • 最強ネオジウム磁⽯を2個使⽤し、それを磁気回路で結合させ、強⼒な負荷を発⽣させます。これにより、低負荷⾛⾏から、SFR、ダンシングなど、多彩なトレーニングに対応可能です。また、リモートレバーによって11段階(負荷無しを含む)で調整が可能です。

特徴はフロントフォークを固定する部分が

前後左右に動く「MotionController3」で、

実走での前輪の動きを再現しています。

それに合わせて後輪もローラー上を⾛⾏する

ので実⾛と同じようなバランスのとり⽅を

再現できます。

グロータック  GT-ePower-F (GT-Roller Flex3, F3.2用電子負荷ユニット)

GT-Roller Flex3,F3.2の純正の手動負荷ユニットと交換して、取付可能な電子負荷ユニットです。

専用スマートフォンアプリ「GT-eRemote」を使用して細かな負荷を調整したり、バーチャルライドソフト(ANT+/FE-C,Bluetooth FTMS対応)の勾配連動など、GT-Rollerがもっと楽しくなるオプションユニットです。

※GT-eBoxと併用が必要です

ローラーの負荷は11段階で調整可能で手元で

レバーにより操作します。また電子制御

ユニットを組み込むことでスマホでの負荷

調整や、ZWIFTのようなバーチャルライド

アプリでコースの起伏に対応した自動負荷

調整が可能になります。

 

ミノウラ FG542 ハイブリッドローラー

ミノウラ(MINOURA)  ハイブリッドローラー FG542

  • 固定式トレーナーの安定性と3本ローラーの実走感を融合したハイブリッドローラー。■高い回転精度を誇る2本のローラーがトレーニングに最高の結果をもたらします。
  • ローラーの加圧調整が不要な自重式。(後輪を介してライダーと自転車の加重がそのままローラーに加わる方式)。■9mmのクイックレリーズと12/15x100mmのスルーアクスルに対応。(110幅は別売オプションにて対応)■坂道を再現できる5段階の高さ調整機能付き。
  • 前輪フォークマウントはエラストマー内蔵で、フォークにやさしく自然なペダリングが可能。■タイヤの食いこみが無くタイヤが磨耗しにくい、直径79mmの極太ローラーの採用。■後輪を固定しないため、エンド形状やフレーム材質等の条件にとらわれず、ロードからマウンテンバイクまで豊富な車種をサポート。■マグネット式磁気抵抗器により7段階負荷調整可能。
  • 適合ホイールサイズ:650~700C / 26~29インチ ■適合ホイールベース:950~1200mm■参考重量:10.1kg※車種やホイールサイズによって水平が保てない場合があります。・幅(W) = 760 mm・長さ(L) = 1,250 mm ~ 1,510 mm・高さ(H) = 460 mm ~ 560 mm

こちらのローラー台は前輪の固定部が

最大10%の勾配を再現できる機能が

あります。またフロントフォークを

固定する部分と後輪のローラー部分が

分離できるので、使わない時はコンパクト

に収納が可能です。

MINOURA(ミノウラ) FG220 ハイブリッドローラー

  • 後輪を固定しないため、エンド形状やフレーム材質などにとらわれず、豊富な車種をサポート。
  • ON・OFFの2段階負荷調整、低付加設定でフィットネス感覚での使用が可能。
  • 軽量・コンパクト設計で移動に便利な収納バッグを付属。レース会場でのウォーミングアップやクールダウンに最適。
  • 組立不要でホイールベースのセッティングのみで使用可能。
  • 前輪を外したフロントフォークを「前輪フォークマウント」に固定し、後輪を「後輪負荷ローラー」に乗せてホイールベースの調整をするだけのシンプルなセッティング。

勾配再現機能を省略して値段を抑えた

バージョンもあります。

おわりに

このハイブリット型ローラーを制作して

いるのは日本の企業です。エリートや

TACXは以外にも作っていません。

ハイブリット型ローラーに共通するのは

「コンパクトな作り」

「折りたたみできて場所を取らない」

事なので、日本の住宅事情も考慮して

いるかもしれません。

次世代のローラー台としてぜひご検討

下さい!

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5