ロードバイクのある生活

ロードバイクの室内保管は家族がいるかいないかでやり方を変えよう

ロードバイクは軽い、高い、バラしやすい

と盗難にあうリスクが付きまといます。

そのため、基本的に自宅内に保管する事

になりますが、その方法は家族のいるか

いないかで変わります。

一人暮らしの場合

一人暮らしなら、保管する場所はどこでも

いいです。理由は自分以外にロードバイク

に触る人がいないから。玄関先、リビング

ロフト、ベランダなど。ローラーをもって

いるなら、ローラーにセットすれば、

絶対に横倒しにならない最強のスタンド

になります。

自分以外の人がいる場合

自分以外の人間がいる場合は、どこに

おいてもいい、とはなりません。

自宅に自分の部屋がない場合は、

すべてが共用スペースとなります。

こういう環境での保管方法として

オススメは

「床に直に置かない」です。

理由は以下の通り

  • 掃除の時に掃除機がぶつかったりで横倒しになる危険がある
  • むき出しのチェーンが服に触れると汚れがうつる
  • 価値の分からない家族が雑に扱う
  • ペットがいる場合、汚れや傷をつけられる可能性がある

私も子供が3人いるので、自分がいない間に

何をされるか常に不安を感じていました。

そのため、新しい保管方法を考え、現在まで

それは続いています。

子供の手が届かない場所に設置する

子供が一番の懸念材料です。何かあっても

むやみに怒れず、弁償も望めません。

そのため。子供の手に届かない場所に

保管する事が必要です。そのため最初に

購入したものが壁付けでロードバイクを

保管できるフックです。

MINOURA(ミノウラ) バイクハンガー4R [BIKEHANGAR4R] ロードバイク等用

ハンドル幅の狭いロードバイク等向けに専用設計され壁との間にできるデッドスペースを最小限としたバイクハンガー4R。壁面からフレーム受け中心との距離が230mmまでとハンドル幅が一般的な440mmまでのロードバイクに最適です。フックには保護カバーが装着され、左右のフックは、スローピングフレームの場合もできるだけ自転車を水平保持できるように、それぞれ角度変更が可能です(左右とも最大15°までのフリー調整)。未使用時には跳ね上げて折り畳め、ヘルメットなどを掛けるフックも備えています。

しかし、壁に直に取り付けるのは奥さんが

許しません。そのため、2×4材を使用して

それにビスを打つ方法を考えました。

2×4材を床と天井に突っ張り機能のある

用具を使用して固定。フックをそれに

固定するのです。使った用具は以下の

商品。

若井産業 WAKAI ツーバイフォー材専用壁面突っ張りシステム 2×4 ディアウォール

市販のツーバイフォー材(断面約38mmX89mm)を使用し、お好みのフックやネジ等で時計、額縁、カレンダー等を取り付けることが出来ます。
・ツーバイフォー材2本と専用棚受け具を使用することで飾り棚を作ることも可能です。
・ディアウォールは上パットにスプリングを内蔵し突っ張らせている為、床・天井に傷つけることなく使用できます。コンクリート壁、砂壁や、傷つけられない賃貸住宅の壁面に最適です。

最大のメリットは「既存の建物を傷つけずに

壁掛けスペースが作れる」という商品です。

ただフックを取り付けるだけではもったい

ないので、ジャージやサングラスなどの

周辺用具をかけておく場所を追加して

います。

取り付け場所が低いのは、子供が入って

こないようにテーブルを置いているため

です。過去には高い場所に設置していた

事もあります。

床からロードバイクまでの寸法は

約1m30cmほど。

床に直置きしていないので、掃除も

楽ですし、子供が触れられないので

安心できるのが一番大きいです。

ただデメリットもあります。以下の通り。

  • バネの力で突っ張っているので、大きい地震の場合倒れる可能性がある
  • 2×4材は木材のため、そのまま使うと部屋とのイメージに合わない可能性あり。
  • 天井と床の寸法をあらかじめ測定していなければならず面倒くさい。

ディアウォールの説明書にもありますが

「設置する場所の高さより45mm短く

カットした木材を用意する。」と

ある程度の加工が必要になります。

加工が面倒、という方には他の商品

もあります。こちらは突っ張る部分が

調整できるので、楽できます。

平安伸銅工業 LABRICO DIY収納パーツ 2×4アジャスター

工具不要! ジャッキを回すだけで、2x4材をしっかり固定できます。掃除機が当たっても倒れない! 突っ張り商品を手掛ける老舗メーカーが開発した、安全性の高い商品です。

趣味は家族の理解があってこそ楽しめる。

趣味を楽しむためには家族の理解が

絶対不可欠です。家族の事を考えずに

自分の意志を通せば、家族の不満を

かうことになり、結果として趣味を

捨てざるをえない事になりかねません。

家族の事を考えて保管場所はよく

吟味していきましょう。

 

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5