ロードバイクのある生活

【ロードバイク】遠くの聖地より近場の開拓はどうでしょう?【ロングライド?】

GoToトラベルが始まって初の大型連休。

立山の雷鳥沢キャンプ場の朝の風景との

事。キャンプやっていない私から見たら

異様な光景です。富山県観光公式サイトの

とやま観光ナビの説明文をみると登山の

シーズンピーク時にはありふれた光景の

ようです。

立山室堂周辺で唯一の登山者向けキャンプ場です。剣岳登山を目指す登山者のベースキャンプ、立山縦走や奥大日岳へ向かう登山者の拠点、もちろん室堂周辺を散策するだけの家族キャンプなどでも利用できます。周辺には山小屋があり、温泉に入ることもできます。8月の登山シーズンピーク時には、キャンプ場いっぱいに色とりどりのテントが張られちょっとした景観になります。キャンプ場内には高山植物が生息し、立山連峰や大日連峰を見渡せ、飽きることない優雅な景色が堪能できます。普段見るものとは一味も二味も違う朝焼けや夕焼けの美しさにも感動です。

本来のシーズンである8月を我慢した

キャンパーにとっては、待ちに待った

聖地でのキャンプにテンションは、

8月の埼玉県の最高気温のように爆上げ

だと思います。

チャリダーの聖地も賑わい

全国のチャリダーもこの休日を利用して

日本全国にあるロードバイクの聖地を

走りこんでいる姿をSNSなどにアップ

しています。ヒルクライムの聖地である

乗鞍岳、暑さしらずの北海道、また、

コロナウイルス対策を万全にして開催

された大会に参加された方々もいる

ようです。それぞれお楽しみでしたね。

政府のキャンペーンより会社の規約が優先

官民あげてのGoToキャンペーンですが

医療従事者や介護従事者(その家族)は

素直に喜べません。自分が感染した時に

重症化するリスクが高い人が周辺に多い

職種であり、クラスターとなった場合に

取り返しがつかないので、就業規定で県外

への不要不急の外出は禁止、県外に行った

場合は1~2週間の出勤自粛を求められる

からです。(実際、私の住む市はその両方

でクラスターが発生し、他の市町村以上に

関係者はピリピリしている)

「自転車で県外に走りに行きます」なんて

絶対に言えないですし、黙って行ってもし

感染した場合は会社のみならず地域全体に

迷惑をかける事になります。もちろん自分の

家族にもです。

そんな同じ境遇の方にオススメしたいのは、

「地元の未知のルートを開拓する」です。

使うのはGoogle mapのストリートビュー

まずは自分が住んでいる市町村の地図を

Google Mapで表示して、幹線道路から

外れていて、ストリートビューが表示

される道を選んでみましょう。

(上は十和田市周辺のストリートビューが

表示される区間。地元民でも知らない道が

結構見つかります)

おわりに

ロードバイクの楽しみ方はそれぞれです。

遠出して知らない場所を走るのも楽しい

です。でも、自分の住んでいる街や県で

走ったことのない道は思った以上に、

広く、長く、険しいでしょう。そんな道を

開拓してみませんか?

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5