ロードバイクのある生活

【ロードバイク】予備パーツが注文しても来ない事を想定し、今あるパーツを大事に使おう【メンテナンス】

コロナ禍によるロックダウンと密回避

による自転車の需要増により、パーツ

供給も滞りがちです。

こういう時に大事なのは、「いかに

既存のパーツを壊さずに長く使って

いくか」という事でしょう。

雨の日は乗らない

走っている途中に雨に降られた時は

仕方ないですが、最初から雨の時や

雨上がり直後は乗らない事が、

ドライブトレイン(チェーン、ギア

ベアリングなど)を傷めない方法です。

水分に含まれた細かな砂や金属が

パーツを摩耗させ、ベアリング内部に

浸透してサビやベアリングボールを

削ってしまう原因になってしまいます。

駆動部のこまめなメンテナンス

特にチェーンのメンテナンスは重要です。

路面からの埃や砂、水たまりの跳ね水、

自分自身の汗などが絶えずチェーンに

かかって汚れを付着させていきます。

そうなるとチェーンの異音やサビ、

摩耗によるチェーンの伸びに繋がり

変速性能が低下、最悪チェーンがギア

から外れフレームに傷をつけてしまう

恐れがあります。濡れている路面を

走った場合はすぐにチェーンの汚れを

落として注油するべきです。

その際に役立つのが「古いハブラシ」。

スキマの汚れにも毛先が入り込んで

かき出す事ができますし、2本あれば

ブラシ部分を合わせてその間に

チェーンを通して動かす事で手を汚さずに

チェーンの汚れを落とす事ができます。

あえてパーツのグレードを落とす

何かを交換しなければならないのに、

探しているパーツが見つからない場合

互換性がある他のグレードを探すのも

ありです。ブレーキシュー、ディスク

ローター、変速数があっていれば

チェーンやスプロケット、チェーン

リングが対象です。

おわりに

大事に使っていても限界は来るので、

予備パーツは早め早めに注文して

おきましょう。

-ロードバイクのある生活
-, , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5