ロードバイクのある生活

【ロードバイク】冷たくぬれた冬の道を快適に走る準備のオススメ【冬季】

冬季間は朝夕は路面の凍結、日中は

溶けた雪で路面は常にウエット状態

と他の季節に比べて外を走る環境が

厳しいです。

それでも外を走りたい!という方に

冬季間での注意すべき点を解説して

いきます。

今回はイギリスの総合情報サイト

「Global Cycling Network」の

内容を参考にしています。

パンクに強いタイヤの準備

濡れた道路を走ると乾いた路面よりパンク

リスクが高いです。理由はタイヤと路面、

とがった異物が雨で濡れることにより、

摩擦係数が下がって普段なら弾き飛ばす

異物がゴムを切りやすく、あるいは貫通

しやすくなるからです。特にロードバイク

のタイヤは軽量化を重視しているため、

タイヤのゴムが薄いので、パンクのリスク

がより高くなります。また、ゴミや異物が

水で流されて道路のわだちや排水溝付近に

溜まりやすく、その付近を走るロードバイク

は特に危険です。

ですから、ゴムが厚いタイヤや、パンク

しにくい素材が織り込まれたタイヤを

使うべきです。また、パンク修理キットも

多めに持っていくのもオススメです。

Continental(コンチネンタル) グランプリ 4シーズン

■シリカコンパウンド使用
■ダブルベクトランブレーカー内蔵
■デュラスキン使用

「ベクトランブレーカー」を2枚トレッド内部に配置する事でサイドもトレッドも保護。コンパウンドはシリカコンパウンドを採用し高いグリップ力と耐摩耗性能を誇ります。同じ「デュラスキン」を採用するモデルにゲータースキンがありますが、こちらはブレーカー素材が「ポリXブレーカー」となり、ケーシング、コンパウンドも異なります。ゲータースキンも高い耐パンク性能を誇ります。4シーズンはゲータースキンの上位互換と思っていただければと思います。

Continental(コンチネンタル) GATORSKIN

デュラスキンというスレに強いポリアラミド繊維を網状にしたパンク防止シートをケーシングの最外層に接合することで不整地や落下物などのタイヤが不意に受けるダメージを軽減。

 

パナレーサー(Panaracer) クリンチャー タイヤ [700×26C] グラベルキング プラス

過酷なコンディションに耐えられるように「ProTite Shield Plus」を採用して耐パンク性能をさらに高めた「グラベルキング」最強バージョン。

ZSGコンパウンドの採用で、耐久性・耐摩耗性も強化されている。また超軽量極細コードのAX-αコードにより軽量化も実現。

軽量化より長寿命なチェーンやスプロケットの準備

砂や埃がチェーンやスプロケットなどの

駆動部に付着したままだと、それらが金属

部分とこすれあう事で摩耗していき、変速

がうまくいかなくなったり、ペダリングの

弾みでチェーンがスプロケットやクランク

から外れてしまい、フレームを傷つけて

しまう恐れがあります。タイヤと同じで

ロードバイクのパーツを軽量化する事で

走りが軽くなるものの、耐久性は落ちて

しまいます。

冬場のぬれた路面では、砂や埃も水分を

吸って固まりになっているので駆動部に

付着しやすく、落ちにくくなるので、

軽量化された(高価な)パーツはすぐに

劣化してしまいます。多少重量があっても

耐久性の高い(もしくは安価な)パーツで

冬を乗り切るのがお財布にも優しいです。

フェンダーの準備

普通のママチャリには泥はねで服が汚れ

ないようにタイヤの所にフェンダーが

ついていますが、ロードバイクには

これまた軽量化のためついていません。

ランドナーなどのツーリング用自転車や

今はやりのグラベルロードバイクには

フェンダーを後付けできるネジ穴が

標準装備されています。

DIXNA(ディズナ) ロードフェンダー ブラック

  • 700C・ロード向けのフルフェンダーです。
  • 復元力のある折れない材質を使用。
  • ハブシャフトにも取付可能なリヤ2本ステータイプ。
  • 適応:700x25-32C

エスボード フロント用マッドガード フェンダー

  • 取付簡単なフロントフェンダー。正確な角度調整が可能で、細身でシャープなデザインはロードバイクだけでなく、クロスバイクにもすっきりフィット。同じデザインテイストのリアフェンダー「エスブレード」との組み合わせでバイク全体をコーディネートできます。 サイズ:全長:390mm 重量:92g 対応サイズ:38Cまで

普通のロードバイクに取り付ける

フェンダーはフロントフォークやシート

ステイ、シートポストにバンドなどで

固定するタイプです。

ゼファール(Zefal) 前後セット SWAN ROAD+CROOZER ROAD

定番ロード用フェンダーSWAN-Rとクルーザーロードをセットにしたキット
着脱時に工具は必要としません
SWAN-Rはシートポストが25~32mmまで対応可能

必要ない時は簡単に取り外す事ができ

ます。

こまめな洗車

冬の路面、特に雪が降る地域ですが、

融雪剤がまかれる事が多いです。

融雪剤の主成分である塩化カルシウムや

塩化ナトリウムなどの塩分と、路面の

水分が金属部に付着する事でサビが

進行します。外を走った後は、特に

駆動部やネジやナット部を洗浄し、

オイルを差したり、グリスアップを

することでサビの進行を防止できます。

おわりに

今回は冬の冷たくぬれた路面を走る場合

の準備について解説しました。

解説の内容は「これがあったら安心!」と

言うものなので無理にそろえる事はない

ですが、快適さを求めるなら検討の価値

ありです。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5