ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ツールドフランス総合6位のナイロ・キンタナ、禁止薬物使用疑惑で法廷闘争へ【ドーピング】

ジロ、ブエルタの両グランツールを

制したコロンビアライダーの

ナイロ・キンタナが、UCIに提出した

2つの血液サンプルからUCIが禁止している

鎮痛剤(トラマドール)の成分が検出され、

ツールでの総合6位の成績を剥奪される事に

なりました。

検出されたトラマドールとは?

一般的には「トラマール」という名前で流通

しています。オピオイド系(麻薬性鎮痛剤)

の中で、麻薬作用の少ない非オピオイド系

(鎮痛剤)に分類されており癌による

疼痛緩和に用いられています。

強力な鎮痛剤として有名なモルヒネに比べ

副作用や依存性は少ないとされていますが

抑うつ、昏睡、頻脈、心血管崩壊、発作、

特に呼吸機能が低下した状態では

呼吸停止といった副作用があります。

トラマドールは世界アンチドーピング

機構(WADA)では禁止薬物に該当して

いませんがUCIでは副作用が選手にとって

命の危険を及ぼすとして2019年から

禁止薬物となっていました。

ツール期間中に提出されたサンプルから検出

2022年ツール・ド・フランス期間中の7月8日と13日に同選手が提供した2つの乾燥血液サンプルの分析により、トラマドールおよびその2つの主要代謝物の存在が明らかとなった。UCI医療規則に従い、同選手を2022年ツール・ド・フランスから失格とする。キンタナは、今後10日以内にスポーツ仲裁裁判所(CAS)でこの決定を不服申し立てすることができる。

(プレスリリースより)

UCIはキンタナに常習性がなく、彼に

とって初めての検出だった事から

ツールでの成績剥奪にとどめ、

レースへの出場停止処分は科さない

決定を下しています。

キンタナ、自らブエルタ出場を辞退し、法廷で潔白を訴える構え。

UCIの裁定に対してキンタナは疑惑を

完全否定。出場予定だったブエルタ・

ア・エスパーニャを辞退して徹底抗戦の

構えです。彼は弁護士を雇い、法廷で

自分の潔白を証明する事に専念する事

となりました。

-ロードバイクのある生活
-, , , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5