ロードバイクのある生活

【ロードバイク】GROWTACのGT ROLLERで「マップトレースモード」をやってみよう【練習】

Zwiftと違い、自分でルートを作成して走る事ができます。しかも無料です。

GT-eSMARTの専用アプリケーション「GT-eRemote」

GT-eRemoteとは、GT-eSMARTシリーズの

専用アプリケーションです。GT-eBoxの

ファームアップを行うアプリですが、その中に

今回紹介する「マップトレースモード」が

あります。

コースデータを取り込み、コース上の勾配を

負荷やローラー台の傾きで再現してくれます。

コースデータの作成、取り込み方

コースデータは「GPXファイル」というファイルで

作成します。

作成の方法はいろいろありますが、今回は

「Strava」の「ルートビルダー」を使用します。

Stravaのメイン画面の右上にあります。

地図画面が表示されたら走りたい道路を

左クリックするとルートが作成されます。

作成したら「保存」をクリック、ルート名を入力

します。他人に知られたくないルートの場合は

「プライベート」にチェックを入れて保存します。

作成したルートは「ダッシュボード」→「MYルート」

で確認できます。次に「GPXをエクスポート」を

選択し、適当なフォルダに保存します。

なお、有料会員(月600円)になれば他の人が

走ったルートもGPXデータでダウンロードが

できます。

GT-eRemoteへ読み込ませる

作成したファイルを「GT-eRemote」のある

スマホにダウンロードして読み込ませます。

赤で囲まれたアイコンをクリックすれば

コースデータを読み込みます。

コースプロファイルが表示されたら選択。

スマホ画面にルートが表示されれば完了です。

再生ボタンをクリックすればスタートします。

手間さえかければツールドフランスのコースも走れる

無料会員でも手間さえかければツールドフランスの

コースも自宅で体験できます。(有料会員になれば

もっと簡単ですが)

Zwiftは月額1650円で世界中のライダーと競うことが

できます。ただし一部のコース(リッチモンドとか)

を除けば仮想のルートです。

「マップトレースモード」は自分で走りたいコース

を基本無料で楽しめますが、レースではなく、ソロ

練習の位置づけ、といったところです。

おわりに

「マップトレースモード」の面白さは、実際の

レースのルートを体験し、プロやトップアマの

タイムと比べて楽しむ事だと自分では考えて

います。大きな画面でレースの画像を見ながら

スマホでそのコースを疑似体験する、といった

楽しみ方もできます。

スカパーではサイクルロードレースをいつでも

余す事なく楽しめます。

今なら加入月視聴料が無料![affi id=5]クリック!

ありがとうございました!

 

-ロードバイクのある生活
-, ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5