ロードバイクのある生活

【ロードバイク】ヘルメット選びは見た目重視が後悔しない【初心者】

ロードバイクに乗る時に必要不可欠な

ヘルメット。一番最初に選ぶ時に押さえて

おきたいポイントを紹介します。

こちらも併せてお読みください。

【ロードバイク】最初のヘルメットは必ず店頭で購入しよう【初心者】

ロードバイクに乗る時はヘルメットが必要と 言われた。調べると値段にかなりの開きが ある。特に通販サイトと小売店の値段の 開きが大きい。安い方で買ったほうが いいのかな? 目次1 命を守る道具には妥協し ...

続きを見る

色で選ぶと後悔しない

ロードバイクのヘルメットは色で選ぶと

後悔しません。

衝撃に対する安全規格は、怪しいメーカー

や業者から買わない限り心配ありません。

大事なのは見た目。

派手な配色の物を選ぶか、シンプルに単色

の物を選ぶかで見た目が大きく変わります。

このヘルメットは白をベースに黒や灰色の

差し色のデザインが配置されています。

見た目はシンプルで、どんな服装にでも

合わせられると考えて購入しました。

このヘルメットはもともと黒一色で

「Kabuto」の色だけ青でした。こちらも

自転車や服装の色に合わせやすいと思い

購入したものの、あまりにもシンプルすぎ

つまらなかったので文字色と同じシールを

切り抜き貼り付けました。たまたま現在

乗っている自転車と同じ色の配置になった

ので気に入っています。

服装や自転車の色に合わせてヘルメット

の色を選ぼうと言われますが、ジャージ

も同じ色の物ばかりではありませんし、

自転車も同じ色のフレームばかり買う人

は少ないでしょう。

ですから、ヘルメットの色は自分の好きな

色で選ぶのがいいです。

ヘルメットをかぶって顔とヘルメットのバランスで選ぶ

ヘルメットの形が頭に合っておらずキノコの

ように見えるのが「キノコ頭」です。

ロードバイクのヘルメットメーカーが欧米

に多く、商品も欧米人の頭の形(長頭形と

いい横幅が狭く後頭部が出ている)に合わせて

いる為、東洋人の頭の形(短頭形といい横幅

が広く絶壁)ではヘルメットを被った姿が

不自然になることが多いです。近頃はアジア

人に合わせてアジアンフィットの商品も

増えてきていますが、一番は実物を試着する

のが一番でしょう。

メーカーや値段に左右されない自分に合った

ヘルメットを選ぶことができます。

おわりに

一番体に合っていないと見た目に違和感が

あるのがヘルメットです。じっくり試着

して、一番あったヘルメットを選べば、

大事に使う事もできます。

-ロードバイクのある生活
-, , , ,

© 2022 yamadaiの青森ライフ Powered by AFFINGER5